スベリミナル効果

技術的なことを書こうと思ってたけど何でも書くことにします


通常用

ふざけ用
何でもコメントください。誤り指摘コメントなどには「コメン(ゴメン)」ト誤ります(1スベリ)
ダジャレ好きの方はこちらにどうぞ(更新してないけど)→スベリブログ2.0

オンラインで7月のJuly Tech Festa 2020を聴いてきた

さて、なんか前のJuly Tech Festa(JTF)の記憶がまだ新しいような… と思ったら前回は2019年の12月なので、半年ちょい振りのJTFでした。ある意味、真の"July" Tech Festaだったのではないでしょうか。

techfesta.connpass.com

当然ながら、コロナ禍ということでオンライン開催でした。

Julyとはいえ、じゅーらい(従来)通りにはいかないですね。(1スベリ)

でも、ギリギリに起きて間に合うオンラインは、朝が弱い自分にとって素晴らしいことこの上なしです。梅雨も全然終わらないし…

7月のジメジメした雨の中で出かけるのジュライ(辛い)ですからね…(2スベリ)

とまあ、コロナはいい加減にしてほしいけどオンライン万歳なJTFでした。ということでそのへんも含めブログブログ。

セッション

まだこれからアーカイブで聴かせてもらうつもりのセッションいくつかあるんですが、とりあえずライブで聴いたいくつかのセッションについて少し感想を書かせていただければ。アーカイブ残る前提なのもオンラインの利点ですよね。

そして、早々に超スーパー早い資料リンク集ができててメッチャ助かります!!!

tenko.hatenablog.jp

G3 「誰かの Engineering Life を Extend する」を仕事にした話

界隈では有名な金魚よこちさんのお話でした。エンジニアをExtendするために、エンジニアメンター準備室なる神組織を立ち上げた神話のようなお話でした。いや、ぶっちゃけね、自分もね、もっと後輩を見てあげなきゃいけない立場なんですよ、でも大してなんもできてない、その一方で、野良活動から始めたExtend活動を正式組織にしちゃうって、なんかステキやん。いや、もうそういう次元じゃないやん?みたいな。ここまでできなくても、小さなことから真似ていければと思いました。

質問させてもらいましたけど、まずはこっちから声かけていく、気にかけるを言語化していくようがんばります、はい。チャットさせて頂きましたが、やっぱり通常業務がある中でこの活動されてて凄いなあとか、組織としてこういう活動の達成基準をどう考えるかなど色々聞けたりして、なんかすごく良かったです(語彙力)。

G4 マネジメントコンソールとの奮闘記

クラウドのセキュリティについてのお話。セキュリティ頑張ってもクラウドのコンソールってURL全部同じやからシャドーITできちゃうよねという課題のお話。

ここで言ってる"fortigateの人も"…は以下で聞いたお話。

www.janog.gr.jp

課題感はこの発表聞いたときに持って、そうか、そういう穴があるのか…と思ってたので、今日聞いたcookieのやり方はなるほどと思いました。

ただ、今日聞いたお話前提で上のJANOGの資料見直してみたら、AzureADのテナント制限の話とか入ってましたね。多分、当時理解できず記憶から抜けてたと思われる… そういう意味では見直させる機会をいただき感謝感激雨嵐です。

そして、JANOGの資料ではCASBにも触れられてたんですよね。ぶっちゃけ、今日までCASBをちゃんと認識できてなかったです。そもそもクラウドがあんまり扱えてない弱々者だし、セキュリティサービスやってるけど中小企業向けの安価なものなので、SSLインスペクションまでやるサービス提供が全然想定されておらず鼻にもかかってなかったというか…(いいわけ) なので、今日このお話きっかけでメッチャ勉強になりました。セキュリティ系の話題仕入れてるつもりだったけど、アンテナが全然足りてないなあと実感しました。引き続き、この発表者さんの開発内容含めウォッチさせて頂きたい。

C5 JTF2020に来てください。本物の経営者目線ってやつを見せてやりますよ

まあ、私はただの黒ブラさんファンですから。

初めてのJTFで撃ち抜かれたんですよ。分かる分かるその課題、、、からのソナーマンで。私は情シスの人ではないんですけど。

今日も撃ち抜かれました。

いや、マジメに感想言えば、失敗談からの切り替えの話はなかなか聞けない貴重なものでした。黒ブラさんの最初のプロダクトにおいて、エンドユーザ目線から作ってしまって購入してもらう立場の人目線が足りてなかった、的なことって思いっきりやってしまいがちだなあと感じて。やっぱり、「自分が欲しい物」ってエンドユーザ目線のものになりがちだけど、こと会社においてそれが良いものになるかはまた別問題だったりするし。特にセキュリティなんて縛り縛られのせめぎあいなとこもあるし、「誰に売るのか」視点を意識しないとブレたり一方に寄ってしまったりしそうかなと。なので、こういう具体的な事例で話聞けるって凄い大事だなと感じました。マジメか!

あとは、最も得意なものに集中して、自信を持って売れるものを作る、これですよね。僕も、自信あるもので勝負したいと思います!僕が自信あるものといえば・・・

あれ?えーと?


f:id:hijili2:20200726021341j:plain

E6 ネットワークへのCI的アプローチ

NEEDLEWORKの宣伝を有効活用したネットワーク機器をCIする具体的なお話でした。いや、もう冒頭のつぶやきを拾っていただいて、これに尽きるw

とりあえず、弊社内には共有させていただきますw実は僕もう辞めそうなんですけどwww

しかし、今日はなんかAPコミュニケーションズの皆様にかまっていただけた感じを勝手に受けてました。チャットの方でもわざわざお声がけ頂けたし、今日のよこちさんの発表もただただ良い組織だなあと思ったし。なんかありがとうございました。買ってもないのにAPI欲しいとか言ってごめんなさい。

チャット(質問スペース)

今回使われていたのがspatial.chat。以下リンクは私が自分で作ってみたスペースなので、テスト的に入ってもらって大丈夫です。スマホとPCで入れば色々試せます。メール登録してみたら、そのうち有料プランできるけどそれまでは無料やで~ってメールが来てました。(※7/29早速有料化されたようです。5人以上入る場合はstandard plan(月49.99$)の必要があるようです。うーん、ちょっとお高いかな…)

spatial.chat

これすごくいいですね。自分の位置を自由に動かせて、近づくと声が聞こえて、遠ざかると聞こえない。画像など置いて部屋っぽくできたりもする。聞こえるギリギリの幅で部屋を作れば上手くルーム分けとかできそうだなと思いました。これからも使ってみたい。このサービスを知れただけでもよかったです。

そして、このチャットの方が、いつもの懇親会よりも話しかけやすかったというね(個人の問題ですが

ぶっちゃけ、登壇者のかたの顔覚えてなかったりするもので… アイコンにオンマウスして「xxの発表した者です」など書いてあると安心して質問できますから。そういうARグラスはよ、という感じではありますが、今はこういうオンラインチャットを生かしていくのがいいんだろうなと思いました。オンライン万歳。でも新型コロナはそろそろ消えてくれ…

まとめ

ということで、マジ凝縮の一日でした。これが、10:00~15:45だったっていうのも改めて凄いなあと感じたんですよね。チャット話し終わってもまだ16:00過ぎ、ここからドラクエタクトウォークガッツリいけるやん!的なね(それかよ)。懇親会的なものが無いのは残念でしたが、そこはチャットで色々お話できたので、むしろ自分的にはこっちのが良かったところもあるし、上に書いたようなことを調べる時間も取れたし、なんかすごくよかったです(相変わらず語彙力

この状況でも、オンラインでも開催いただいたスタッフの皆様と登壇者の皆様には本当に感謝でございます。今回も確実に私のエンジニアライフはExtendされました。また次回、ぜひよろしくお願いいたします!!!ありがとうございました!!!!