スベリミナル効果

技術的なことを書こうと思ってたけど何でも書くことにします


通常用

ふざけ用
何でもコメントください。誤り指摘コメントなどには「コメン(ゴメン)」ト誤ります(1スベリ)
ダジャレ好きの方はこちらにどうぞ(更新してないけど)→スベリブログ2.0

読書メモ

『情報セキュリティの敗北史: 脆弱性はどこから来たのか』を読んだ

情報セキュリティの敗北史作者:アンドリュー・スチュワート,小林啓倫白揚社Amazon 「敗北史」っていうタイトルから、過去の代表的なインシデントを紹介していく感じなのかなあと思っていたら、序盤はいわゆるコンピュータ誕生の歴史を語りつつ、その中で脆弱…

『入門セキュリティコンテスト CTFを解きながら学ぶ実践技術』を読んだ

入門セキュリティコンテストーーCTFを解きながら学ぶ実戦技術作者:中島 明日香技術評論社Amazon CTFというか、バグバウンティ的なところに手を出してみようと思っていたのでちょっと読んでみました。ちなみに、CTF経験は全く無いけど、セキュリティの話とか…

『マルウエアの教科書』を読んだ

マルウエアの教科書作者:吉川 孝志日経BPAmazon これは面白い本だった。セキュリティのアレとかで聞くランサムウェア話の深い面を分かりやすく説明してもらえる。マルウェア解析とかマニアックな話でも、単純なWindows開発に役立つ知見もあり非常に有用だっ…

ピアリング戦記読んだ

技術書周りの読書メモはここに書きたい、とか言ってたけど全然書いてない(というか最後まで読んだ本が最近ほとんどないかも…) 広告が表示される始末なのでちょろっと書いておく。 ピアリング戦記 インターネットを繋ぐ技術者たち作者:小川晃通ラムダノート…

行動分析学マネジメント ~人と組織を変える方法論~ は一回読んでみていいんじゃないかしら

行動分析学マネジメント-人と組織を変える方法論 (日本経済新聞出版)作者:舞田竜宣,杉山尚子発売日: 2018/08/02メディア: Kindle版 読みました。ってか、この本、何きっかけで買ったか忘れてましたが、遡ってみると、Internet Weekのパネルディスカッション…

【読書メモ】いまさらの文字コード技術入門

[改訂新版]プログラマのための文字コード技術入門 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)作者:矢野 啓介発売日: 2018/12/28メディア: 単行本(ソフトカバー) 『プログラマのための文字コード技術入門』、いまさらながら読みました。"いまさらながら"というのは、Shif…

【読書メモ】ダークウェブの教科書

そういえばこれも読みました。 ダークウェブの教科書 匿名化ツールの実践 (ハッカーの技術書) 作者:Cheena 発売日: 2019/09/07 メディア: 単行本 『セキュリティのアレ』を聴いてて、@MasafumiNegishi さんがTorをやたら勧めてくるけど、なんか難しそうだな……

読書メモつけようと

読書メモをわずかでもつけようかと。いや、小説は ブクログ にちゃんと登録してるんですけど、技術書とかビジネス書はそのまま放置になってて忘れがちなので… ★を付けて評価する感じでもないからブクログ以外がいいかなあというところでここに書きます。振り…

『プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション』を読んだしイベントも聞いたよ

おもろそう、本も含め https://t.co/RTpiS8iqy0— 聖(ひじり)@DQタクトウォークおじさん (@hijili2) 2020年8月2日 このツイートを見て、面白そうと思い、すぐポチりました。 プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション (角川書店単行本)作者:高須 正和…

なんとなく紹介する個人的な電子書籍ライフ

緊急事態宣言が延長された今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。これを機に本格的に電子書籍導入しようというかたもいると思うので、個人的な電子書籍ライフをご紹介してみようかなと。別に、色んなプラットフォームを比較してこれが一番いい!みた…

『Linuxのしくみ』を読みました

OSCにて、著者様ご本人から直接売って頂いた『Linuxのしくみ』ですが、読むの遅くてモタモタしてましたが無事読み終わりましたので軽く感想など書かせていただければと思います。遅かったのは花粉症とMHWのせいだ。 [試して理解]Linuxのしくみ ~実験と図解で…