スベリミナル効果

技術的なことを書こうと思ってたけど何でも書くことにします


通常用

ふざけ用
何でもコメントください。誤り指摘コメントなどには「コメン(ゴメン)」ト誤ります(1スベリ)
ダジャレ好きの方はこちらにどうぞ(更新してないけど)→スベリブログ2.0

YAPC::Japan::Online 2022でたくさん学びたくさん食べてたくさん楽しかった

yapcjapan.org

わーい、久々にYAPCだー!と思ったわけですが、そういえば2019年を最後に開催されてなかったんですね、、、 もうそんなに経ったのか、、、 歳のせいもあるけど、それよりやはりコロナが登場してから、時間感覚というかイベント事の感覚がズレてる気がします。ある程度定期的にあった何かがスッポリ無くなってますから、、、 そういう意味では、今回のYAPCはそんな感覚に一石を投じてくれるオンラインイベントだった気がしました!! 

今回のYAPC::Japan::Onlineは、オンラインイベントにありがちな単に見るだけのものではなく、ちゃんと参加して楽しめるオンラインカンファレンスになるように工夫を凝らしています

これな。控えめに言って過去最高のオンラインイベントだったのではと。なんならオフラインを超えた点もあったでしょと。まずはそこから書いていきたい。

豪華料理がリアルタイムに届いてみんなで食べられる

これで一体感がすごい出てたと感じました。インパクトがあるメニューなのも話題にできて大きな効果があったのかなと。

リアル会場で出てきてもとても食せない難易度のチキン

※言語の型の話してたから、話聴いてますよの意味もこめて「食べ」って書いたんだぜ(隠れ1スベリ)

時間通りに届くお一人様用ピザ(ピザじゃなくてピッツァです)

すぐ食べちゃったよね。

LTには、スポンサーのピザハット様(ハットは帽子じゃなくて屋根)というのがすごい。

トークBでも話されてましたが、絶対 We are hiring だと思ってました。人は足りてるのか、、、

Discordでみんなでワイワイできる

私のように人見知りで混じれない人でも自然と存在できる素晴らしさ。(それは開催側の主旨とは違えぞ!一歩踏み込めって言ってるだろ!!というツッコミはさておき)


歴戦のPerl Mongerさんたちはこっちが一方的に知ってるだけなので、同じチャンネルでなんとなく話聴いてるだけでもこっちは面白かったりするんですよね。


伝説の芝生を疑似体験できました笑

並行する裏トーク

二つの音声を聴く難易度は多少あれど、自分以外のエンジニアの人はこのトークについてどういう感想なのかがわかる裏トーク。登壇者の掲げる話題に対して別の体験談を交えた話が出て情報が補足されたりと、すごく面白かったです。リアルでは絶対できない芸当ですよね、うるせーわwwwってなるし。これは非常に貴重な体験だった気がします。公開動画は副音声込みにしてほしいくらいでした。ほとんどずっとBの方にいたので、Aの方も聴いてみたかった。ずっとトークできるスキルも凄いなあと思いました。。。

昔ハマってたバーコードバトラーにピクッと反応してしまったりw


オンラインながら、芝生に居てもいいし、裏トーク聴いてもいいし、Twitterでつぶやいてもいいし、まさにTMTOWTDIだなあと。

ということで

楽しかったです!!(こなみ


いや、でもこんなに率直に「楽しかったです」ってなかなか思わないですよオンラインカンファレンスで。「学びがあった」「刺激があった」からの「楽しい」はあれど、率直に「あー、楽しかったなー」って思えるのは結構すごいことだなと本当に思っております。


見てよこのはしゃぎっぷり(伝わらない)


ということでこれがすべてのまとめですが、本当にありがとうございました!!!オフラインでもオンラインでも、どっちも良いです。どっちでもまた参加させてください、お願いします!!!!

聴かせて頂いたトークについて一言二言

これが最後なのかよ、という順番になりますが、こちらも毎回やってるので一応やらせていただきます。っていうかほとんどTwitterに書いてますが…

ゲスト対談


まあ、チキンに夢中でチキン(きちん)と聴いてませんでしたね(うるせーよ2スベリ)


ただ、ゆるーい雰囲気で昔や今を共有する感じ、すごく良かったです、、、

TypeScript へ型安全性を高めながらリプレースする


あー、ありがとうございますー、こういう移行の話はなんぼあってもいいですからね。


次の日もGOへの移行話があるわけですが、こういうケースで重要なポイントとしては「徐々に」「全部一気にやらない」というところから、「目的を明確に」というあたりまでは大体こういう登壇で学んでいる気がします。あとは個々の状況で色々変わる部分を聴くだけでも、なんとなく知見というか勘所が多少なりとも得られるというものです。これで分かった気になってはもちろんダメですが、今回もまた移行力メーターが少し上がったと思います。ありがとうございます!

ReDoS 検出の最先端 recheck の紹介

最近になってReDoSというものを認識したので、興味深く聴かせていただきました。

どこの世界でも、厳密にやると実質無理だけど現実的に解ける方法でなんとかする、が基本だなあと改めて思うなど。

recheck覚えておきます。そんな複雑な正規表現は滅多に書かないですが、要所でチェックしていきたい。ReDoSヤバい。

アンカンファレンス

面白い飛び入りトークの嵐ですごく良かった。確かにPerlカンファレンスではなかったw でもこれは最高ですね、、、

ファイザーにしようかなあ、、、


NewRelic導入してないんですけどね、、、


昔ダジャレブログを多少書き続けていた身としては、5年という歳月に圧倒されました、、、5年続かなくてゴネンネ。。。(申し訳程度の3スベリ)


ちょっとVRしてる身としてはなにかに使えそうな予感、、、


楽しかったし意外な学びがあったりで良かったですわー。

じわじわとPerlからGoに移行しようとしている俺達のマイクロサービシーズの紹介

心の中の藤真さんにマイクロサービスにはまだ早い!と言われ続けて早5年くらい経ったでしょうか… こういう話を聴くと本当に勇気づけられますね(移行するとは言ってない)



ほんと、移行の体験談は学びがありすぎる。裏番組後で見ます(たぶんおそらく…)

Hono[炎] Ultrafast web framework for Cloudflare Workers.

配信が途切れるアクシデントもあり、そういえばオンラインカンファレンスだなあ、という感じもありましたが笑

zenn.dev

振り返りはここを読むのが一番わかりやすそうですw

Edgeサーバでなにかやるユースケースはまだ自分の中では出てきていないのですが、選択肢に入ってきていないだけなところもあるので、貴重なお話でした。触ってみないとね。。。

フロー効率の向上から始める開発生産性の高め方 ~ モブワークを沿えて ~

個人的にベストスピーカー賞でした。直近の自分の課題にそのまま響いたからというタイミング的なところもありますが、言語化しにくい部分を明確にしてもらえた気がしました。

登場時点で情報量が多くて困惑しましたがw

大変参考になりました。質問もさせていただきましたが、カッチリとやるのではなく柔軟性を持って取り組むのも大事ということで。

Q: 全員でのモブワークにすることで、メンバーが揃わないから開催が延びるとか、「自分の作業時間がもっとほしい」派の人が出たりとか、そんな感じの問題が出たり対策したりなどありましたでしょうか?一つの対策は定期スケジュールに組み込んだ、というお話だと思いますが。

個人で見る時間がほしいケースは一回解散して、など柔軟に調整 モブワークを必須ではなく、4~5割程度に抑えるようにしていた アンケートとって「今日は辛い」というメンバーがいるときなどは見送るなど柔軟に対応されていた

(※今読み返すと回答頂いたことを正しくメモれてないな、、、)


ステッパー購入したいと思います。(結論そこなの!?)

エンジニアの個人ブランディングと技術組織

いやー、これは出だしから耳が痛い話というか、、、 まずはナレッジをマネジメントできるよう頑張りたい。

7年間運用したソーシャルゲームAmazon EC2構成からAmazon ECS構成へと乗り換えた話

techblog.kayac.com

なるほど、こちらの記事がベースだったんですね。


Vampire Suvivorsに手を出してなければやってみていたかも、、、

これはこれとしてなんとかしたいものです、、、

別の分野に例えすぎると逆にわかりにくくもなるので、このくらいが丁度いいんだろうなあと思いました。


最後のこのお言葉は深みがありましたね、、、 できる人とできない人は確かに分かれるのかなと。どちらかというと自分も何だかんだやる方だとは思うので、この知見を参考にさせていただき頑張りたいです!


そうは言っても、コンテナに移行する機会はそう簡単に来んってな(4スベリ)

変化し続けるキャリアと変わらない原体験

なんかもう、色々思うことが出てきてあれでしたが、やっていこうと思いました、、、(語彙力


キーノートの裏でDiscordに写真が投稿されていくというのも、なんかステキやん?

LT

Perlの問題、面白かったです。大賞おめでとうございます!


ここに来て、初めて知りました、、、読んでなかったんだなあ、、、

以上

たくさん学びたくさん食べてたくさん楽しかったです、ありがとうございました!!!!!

よーし、僕も聴いてるポッドキャスト書いちゃうぞ

iwashi.co

上記が参考になったので、自分も書いてみようかなと。

  • IT系開発者14年目くらいの30代後半おじさん
  • ネットワーク・セキュリティ系インフラ寄りからWebに転身気味
  • 特定分野への強いこだわりがあまり無い

こんな感じの人がドラクエウォークをしながら1.5倍速以上で聴いているリストです。

Rebuild.fm

今更挙げなくても、という感じかもしれないですが、日本のIT系Podcastの草分け的存在なのかなと。当時Perlを書いてた自分がこれを聴いてYAPCとかに行かなかったら、井の中の蛙状態がかなり長く続いていたのではないかと。そういう感謝も込めてずっとサポーターです。

サンフランシスコのエンジニア事情、アメリカの政治、将棋、ライフハック、CPU寿司とか幅広い話題の中でテックが絡んでくるトークはかなり好きです。最近はコンテンツ系の話が多くなってきてる気もするけど、ホストも聞き手も同じように年齢を重ねる中、ポッドキャストに求める内容も同じように変化している感じで個人的にはちょうどよいです。少し前から爆誕した、奥さんと繰り広げるサポーター限定Killer Contentsも好きです。

backspace.fm

もともと物欲があまり無い自分に対し、非常によい(?)影響を与えて頂いている散財系(?)ポッドキャスト。一言で紹介するのが非常に難しい。エピソードが長かったり、話題の偏りがある(ぼくはカメラには興味がない…)ので万人に勧めにくい(スミマセン…)ところはありますが、刺さる人にはとことん刺さってくるかと思います。

最近は、テクニカルジャーナリストの西川善司さんがほぼレギュラー化したことでテクニカルな話題から車・釣り・モノマネまでさらに幅広い内容になっており、マネージャの奮闘(?)によるエピソード分割配信で聴きやすくもなっているので先入観持たず聴いてもらえたらハマるかもしれません。

サポーターはちょっと高いので解約してしまいましたが…(スミマセン)

セキュリティのアレ

いつものお三人が和気あいあいとセキュリティトークを繰り広げてくれるポッドキャストです。専門性の高いセキュリティ知識が得られるのは前提として、お三人の掛け合いが聴いてて楽しいです。セキュリティ全然関係ない雑談・オススメのアレのコーナーも非常に良いです。コロナ禍で毎週配信になったのですが、そこだけはコロナに感謝したいくらいです。

SANS Internet Storm Center

急に英語。いや、これはセキュリティのアレで根岸さんが紹介されてたもので、米セキュリティ企業のSANSの中の人が毎日5分程度でセキュリティニュースを紹介してくれます。他にもいくつか英語の番組を紹介されていたのですが短さでこれが残りました。正直未だに冒頭の挨拶文すら聞き取れないんですが、とりあえず継続して聴いてはいます。雰囲気で聴いて、たまに気になったら記事調べて翻訳して見たりする程度ですが…

fukabori.fm

毎回様々な方面のゲストを迎え、その方にちなんだトピックを深堀りしていく内容。ゲストによって内容の幅もあり、タイトルどおり深さもありながら基本的な用語の解説などもキチンとしてくれるのですごく聴きやすいです。そのトピックの門外漢でも、ある程度の理解ができる非常にありがたいポッドキャストです。日本の大きめの企業特有の組織課題などが聞けるところもあり、こういうポッドキャストではわりとレアな気がしています。前職時代、非常に共感を覚えておりました。冒頭のポッドキャスト紹介記事もこの@iwashiさんのものです。

週刊 日経トレンディ&クロストレンド:日経クロストレンド

日経トレンディと日経クロストレンドの編集部員が、旬な話題やキーワードをテンポ良く解説するインターネットラジオ

テック系ではないですが、流行しそうなものをサクッと知れる非常にありがたい番組です。時間も30分弱でちょうどよい。稀にですが、気になったときは日経トレンディ買ったりもしてます。聴いておくと、生活の中でも「あ、あれが日経で言ってたやつか~」みたいなことが結構多いのでオススメ。

足立明穂の週刊ITトレンドX

最近NFT関連で話題(?)の足立明穂さんが毎週のITニュースについてコメントしていく形式の番組。完全な関西弁のやりとりは小気味よくて好きです。一般の人に向けたITニュースなので抑えている人は抑えているものが多いかもしれませんが、へえ、それ知らんかったな、というニュースも結構あってよいです。NFT色が強まってきていますw

mozaic.fm

Web周りの深いお話が聞けます。各ブラウザから標準化団体などの動向をガッツリ語っていただける。時間はかなり長く、非常に専門的な話なので分からん用語も多かったりします。でも、なんか自分が凄くなった気がするから聴いてます(おい)。と、なんだかんだ聴いてる割にAMPの理解すら微妙だったから聴いてると言えないかもしれん…

Secure Liaison

セキュリティネタを軸とした話ですが、セキュリティのアレとはまた違う話題や切り口で学びがあります。エンジニア視点入るので、同じネタでも所変わればという感覚が得られてよいです。最後の「バイバーイ」はセキュリティのアレと共通となっているようですw

engineer meeting podcast

不定期だったり、ずっとこの本やってますね、YouTubeどうなったんですかとか色々ツッコミどころを持ちつつもなんだかんだ聴いてしまう、非常に人間味が感じられる内容です(なんかすいません)。月日の移ろいや生活の変化などが感じられるところに人生のリアルさがあって味わい深いものがあります。

バイリンガルニュース

これも今更挙げるまでもないですが。バイリンガル会話形式が特徴の一つだとは思うのですが、トピック一つ一つが他ではあまり聴けない内容で興味深く面白い。ゲスト回もその人の分野にガッツリ突っ込んだお話をたくさんしてくれるので学びもあり面白さもありで、様々な知識や分野を知れるという意味ですごく良いです。去年は、恐竜くん回を聴いて恐竜展行ったりもしました。

Off Topic

Off Topicは、米国を中心に最新テックニュースやスタートアップ、ビジネス情報、たまにカルチャーをゆるーく深堀りしながら解説する番組です。

こちらは最近聴き始めたばかりでまだ何か書けるほどではないですが、Web3.0のお話は非常に興味深かったです。米国から一周回って流れが来る国ですから、こういう話は聴いておいて損は無さそうかなと思っています。

その他

購読番組はまだいくつかあるんですが、こうやって棚卸ししてみると、意外と半年以上更新がされてない番組も結構あり、、、それは除外しました。継続されてる番組ってそれだけで凄いですよね。ありがとうございますありがとうございます。

裏目的: JAPAN PODCAST AWARDS 投票

最近、聴いている各ポッドキャスト様がわりと JAPAN PODCAST AWARDS ジャパンポッドキャストアワード を意識されているようで、投票を呼びかける声がチラホラとあり。どこに投票しようか非常に悩ましかったのでちょっと整理してみる意味もありました。

今回は『セキュリティのアレ』に投票させていただきました。2021年、ほぼ毎週コンスタントに放送しており、オススメのアレにもいくつか乗っからせていただき、印象が強かったなあと。一週間放送無いだけで、あれ?今週聴いたっけ?みたいな感覚にまでなりましたからw 継続って凄いですよねえ。

投票は1/14までなので、もし推し番組がある方は投票してみてはいかがでしょうか。

2021振り返り

毎年恒例やっていきたいと思います。

Twitterで振り返る一年

基本的に記憶はロストしてしまう年齢なので、Twitter主体で一年を振り返る恒例行事です。高齢行事でもありますね(元々記憶力悪いじゃん1スベリ)


セキュリティ的な話題とか、テック系の話題とか、聴いたカンファレンスとか、適当に拾っていきます。拾い漏れ上等です。めっちゃ時間かかるんでこれ…


ちなみに、2021年のツイートはRTなど含め 6659 らしいです。つらい。

2021年1月

  • 無職の正月クソ暇そう
  • 初出社前に東京都に2度目の緊急事態宣言発動
  • AWS、トランプ支持者のSNS「Parler」へのサービスを1月10日に停止
  • 転職初日「やることが… やることが多い…!!」とつぶやいている
  • GlobalSignの証明書期限切れで使えないサービスがちらほら発生する
  • July Tech Festa 2021 winter
  • Ctrl + Insert でエラーメッセージコピペってどんなショートカットだよ
  • sudo の脆弱性 (CVE-2021-3156)
  • セールスフォースの設定不備による不正アクセスがちらほら続く
  • Emotetがテイクダウンされる
  • Githubに業務コードをアップして推定年収を測定してしまう事件
  • 完全オンラインに苦しむ

2021年2月

  • Perl公式サイトドメインランサムウェア配布サイトに乗っ取られる
  • ブームのClubhouseに入れてもらえないAndroid民、iPadで無理矢理参加させていただく
  • COCOAAndroid版不具合(4ヶ月前から放置)で色々ザワつく
  • リモートワークで歩かなすぎてドラクエウォークのあるくんですが最終形態に届かなくなる
  • オープンセミナー2020@岡山 よかった
  • リモートワークでは超えられない壁もあると思う(たぶん環境による)
  • みずほATM通帳飲込み事件

2021年3月

2021年4月

2021年5月

  • スレイヤーズ3Dライブが良かった
  • ワクチン大規模摂取予約システムが何度でも予約可能で物議を醸す
  • M1 iMacほしいと思うけど踏みとどまる(じゃあ書くなよ)
  • ガッキー結婚
  • Omiaiへの不正アクセスで171万件の個人情報(免許証画像など)が流出
  • リングフィットLv100
  • 富士通ProjectWEBに不正アクセス被害、国内省庁・企業での様々な漏洩に震える

2021年6月

2021年7月

  • 東京都、4回目の緊急事態宣言
  • オオタニサンが凄すぎて「エンゼルスのエース、大谷の打撃を酷評」などのネタが爆誕
  • 試用期間(半年)やっと終わる
  • 100日後に退職する47歳始まる
  • July Tech Festa 2021
  • 結局オリンピックはじまってた(テレビ無いため一切見ていない)

2021年8月

2021年9月

  • Docker Desktop の商用利用有償化発表でDocker大好き達がザワつく
  • 2回目ワクチン接種(ファイザー) 副反応: 38度超えてかなり辛かった
  • 9月薄いな

2021年10月

  • 東京ゲームショウVR会場がよかった
  • Facebookで大規模障害 BGPの影響でDNSが引けなくなるなど難しさを感じる(9月はSlackでも)
  • 大きめの地震にて炊飯器食らいそうになったり、マンションのエレベータやガスが停止するなど
  • イカゲームってスプラトゥーンの話じゃかったのか」がブームに
  • リングフィットとりあえずクリア
  • 実効再生産数0.6切って平和な世界に?
  • Apple1980円の布を発売
  • 47歳さん100日後に無事退職
  • FacebookさんMetaになる

2021年11月

2021年12月

  • とりあえずメタバースって言っておけばいい雰囲気が出てくる(個人の感想です)
  • Log4j脆弱性がヤバくて引く
  • ソフトウェアテスト自動化カンファレンス2021
  • 新型コロナワクチン接種証明書アプリ、出来が良い/不完全なもの出すな、で物議を醸す
  • テスト通知を本番環境に出してしまう病が蔓延
  • HPさんのデータロストでbashの仕様を知る
  • みずほさん年末の単独手動対応業務に失敗
  • 年末の負荷に耐えられたと思ったところで耐えきれず悔しい思いをする

振り返ってみて

とりあえず転職して働けた

1月から働き始めましたが、半年間有休無いとか、LinuxからWindows軸とか不安要素が多かったですが、まあなんとかやり通したかなと、、、 自分の仕事に満足できていない点は死ぬほどありますが、とりあえず有休ゼロで1年過ごしてしまって社畜レベルはやはり高いなというところでしょうか。今年は少しペースを穏やかにしたいところ。。。

腰痛

これが一番の不安要素で、1月くらいはかなりヤバい感じだったのですが、ほぼ出社せず自宅の昇降デスクで仕事できたのが救いだったかなと。その後、なんの役にも立たない病院通いと痛み止めを止めたりとか色々あったんですが、リングフィットをそこそこ継続できたことで悪化を防げたのかなあという感じがあります。こんな記事もありましたし。

automaton-media.com

実は元旦からフィットボクシングも始めてみましたが、腰痛に良さそうなのはリングフィットだと思うので継続したいところです。そろそろクエスト含めた完全クリアしてしまいそうなので、2出てほしいところ…

COVID-19

今が落ち着き過ぎて昨年頭や8月くらいの状況を忘れかけていましたが、まあやっぱり振り回された一年ではありましたね。ただ、正直家に籠もる体制が完全にできあがってしまったので苦じゃない世界ではあります、、、 無くなってほしいですが、今の海外の状況見てると、近々またオミクロン山が来るでしょうね…

マンガ・ゲーム・アニメ

振り返ってみると、このおっさんマジで技術書読まずにマンガ・ゲーム・アニメやりまくってんなという雰囲気でした。何故か分からないですが、今年は改めてゲームが楽しくなってしまい、、、 特にキムタクが如くシリーズ(ジャッジ・アイズ、ロスト・ジャッジメント)にはだいぶやられましたね、、、 いまさらキングダムハーツシリーズを地味にやってたりもしますし、モンハンもそこそこやってたし、VRゲーも手を出すし、、、 マンガも全巻一気買い何回したのかなという、、、 いやあ、引きこもりって、本当に楽しいですね。(年齢的にはあかん気がする

昨年の振り返りから

  • 転職先で頑張る

  • セキュリティもう少し頑張りたい、ひいては英語苦手感減らしたい

  • 腰痛なんとかしたいけど具体的な頑張りかたが分からなくなってるので何とかしたい

まあまあ頑張った。セキュリティ・英語は特に何もしてへんです。腰痛はリングフィットという具体策が功奏した気がするのでヨシッ。

「全体的にウッシ!って感じでした」と言いたい

ウッシ!(そんなんおぼえてるか)

2022年

別に職場が嫌だとかそういうことじゃないんですが、働きたくない気持ちが強くなりました。FIREしたいです(口だけ)。


まあ、そうも言ってられないので、遊びも程々に、諸々が悪化しないようにだけは最低限していきたい、そんなお気持ちです。


寅年だけに、大きなトライタイガーい(大概)にしていきたいです。(2、3スベリ)

オープンセミナー2021@岡山でアウトプットしない反省をする #oso2021

どうも、90日間更新がなくて広告が表示されていたブログです、お久しぶりです。

オープンセミナー岡山自体は前回が今年の2月だったので9ヶ月ぶりでしたね。今回もいい感じに色々刺されましたのでちゃんとブログ書いておこうと思います。


今回のテーマは「extend engineering ~人と技術を繋げよう~」ということで、実はあまりピンと来てなかったのですが、なるほどなあと納得させられたといいますか、技術フォーカスの他のカンファレンスなどとはまた違う視点を貰えるなあと感じました。せっかくなので一つ一つさらりと所感を述べさせていただければと思います。

働くを素敵にするチームのつくり方 〜「問題 vs 私たち」でうまくいく〜

ご自身の職務経験の中での失敗や反省の歴史からチームがうまく回るための方法や考え方を伝授していただける内容でした。

初っ端から大炎上の話で震えましたが、やはりこういう経験から逆にどうすればよかったかを考えられる人は強いなあと感じました。そこで適切な手段を見つけて実践できるところもまた素晴らしい。同じ状況でマネができるかは難しいですが、、、

これもちょっと感じましたね。そういう部署があるのも素晴らしい。もちろん存在するだけで機能してないこともしばしばなので、ここから大きな改善にちゃんと繋げられることが凄いんですけど。


「問題 vs 私たち」のチームを作るには

  • 技術の引き出しを増やしておく
  • 問題解決に集中できる環境づくり
  • 最初は、自分の周りのできることから少しずつ

ということでしたが、やはり1つめがデカいだろうなあ… ブラックフライデーで引き出し買おうかな。(なお中身

繋げ繋げられてきたこれまでとこれから

私から見るとものすごい経歴のご紹介とそこからカスタマーサクセスに強く従事するまでの流れをご紹介いただきました。かなり別世界の話とは感じつつも、まだまだ黎明期の繋ぐ仕事、カスタマーサクセスに取り組む姿勢みたいなものは見習うところがたくさんあるなあと思いました。


CS = CX(Customer eXperience) + CO(Customer Outcomes 結果)


このへんの話とかも正直知らなかったので、なるほどなあと。

まあ、まず絶対的に英語(というか多言語)力が足りないので、続くかわからないけどとりあえずDuolingoはじめました。(続かないんだよなあ…)

情報共有戦略と戦術

IT業界におけるインプット/アウトプットの方法についての考え方、戦略をたくさん教えていただきました。


この辺までは親近感を持ちながら聞いていましたが、



紳助兄やんになって終わりました。頑張らないと継続できない子なので、そのへんはもう少し頑張りたいと思います、、、

人と技術を繋げる「技術文書」について

技術書店で技術書を売っていたらテクニカルライターという職業に就いたという、これでまた本が一冊かけそうなお話でした。


まず問われて真面目に考えたらこうなりました。素直にドキュメント読みますって言えよ。


DNS本に需要があるというお話で、私はDNSはそこそこ理解してるかと思いましたのでその矢はなんとか回避できたと思います。


このあたりはまだ余裕が感じられますね。


余裕がなくなりましたね。グサグサ来ております。いっぱい(現在比)書きたいと思います、、、


↑気になるからKindle版作ってくれ


別角度の(商品)知識もいただけました。こうやってインプットされたものを購入するだけでなく、アウトプットもしようね。

私の趣味TechとICTコミュニティ

趣味テックの幅がひれえ!正直、Go, Azure, GCP, Flutterというところ、自分の必要な技術領域と全然カスってなくてあまりちゃんと聴けてなかった部分もあるのですが、岩田プロもこれらをお仕事で使われていないとか。。。そしてその情熱はどこから来るのかというお話でも、特に明確なものがなくという感じで、、、いや、1/1000でもその情熱を見習いたいと思いました、、、

エンジニアは技術の前に、人と出会うのではなかろうか

技術と出会うということ、それは実は人との出会いでもある、、、 「ちょっと何言ってるか分かんない」と富澤さんの声が聞こえてきそうでしたが、聞いていくうちになるほどなあと考えさせられる内容でした。


論語から徒然草からBLEACHから引用される数々の言葉には納得させられるばかりでした。謎の納得感。



なんか今回のような大きなことを感じ取れてなかったので、UNIXという考え方はもう一回読み直そうと思いました。



なんかよかったです(こなみ)。とりあえずブログ書いたからセーフ。

おわりに

全然うまくまとまりません。テクニカルライターにはなれそうもありません。ただ、それでもアウトプットしろよということですよね。なぜアウトプットすべきかと言えば、それが自分のためになり、あわよくば誰かのためになり、そこからつながる知識がある(かもしれない)ということなのですよね。もう少し素敵なエンジニアライフを目指して、継続的なアウトプット、頑張りすぎずに頑張りたいと思いました。素直にやってみよう。


という感じで、今回も他には無い刺激をいただけたと思います。オープンセミナー@岡山、本当に開催いただきありがとうございました。次回が岡山現地開催でも行けるといいなあ。

もはや自然と参加する July Tech Festa 2021

techfesta.connpass.com

今年も参加させていただきました、インフラエンジニアの祭典 July Tech Festa。業務特性上、ツボに入る話が多いので毎回楽しみにしております。今回もオンライン開催ということで、お弁当や飲み物が配られていたあの頃を懐かしみつつ、でも家で参加できるの楽だなあとも感じつつ(どっちなんだ)聴講させていただきました。


少ないっていうよりは、全てを20分に統一して間隔なく埋めて頂いたおかげで並行数が2つになってて少なく見えただけでした。確かにいつもどれ聴くかすごく迷うので、これはありがたかったです!!しかしセッション間隔は5分くらい欲しかったなあと(アンケートでも懇親会でも言ったのに何度もスミマセン)。少し延びると次のセッションの頭と並行に聞く時間が発生するという。これはこれで面白がってましたがw


ということでいつもどおりライブTwitter貼り付けを軸に、聞かせて頂いたお話についてさらっと書いていこうかなと思います。(っていうか、はてなブログTwitterの貼り付けUIがクソすぎるんですが、はてなさんなんとかしてくれんかな… 一個貼り付けると一番上に戻ってしまい何度も往復する羽目になる… 往復してると中間のツイート消えちゃってたりするし… 直接URL貼ればいいんですけど、キャプションが見られないんですよね… 文句長いな。)


ちなみに、 July Tech Festa 2021 - 資料一覧 - connpass 上がってる資料はここに大体リンクされているみたいなのでご参考まで。

A1. グローバルEコマースシステムにおけるDevOps実践のこれまでとこれから

有名なファーストリテイリングさんにおけるグローバルシステムのSREとしてDevOpsやっていく結構貴重なお話。私も転職して半年くらい経った某弊社とシステムの構成物がかなり近く、規模は全然違えど、参考になる点が多かったです。見習ってやっていかないとなと思いました。そもそもマイクロサービス化ができてないので… Jenkins Shared Libraryとかは知らなかったので活かせるか調べてみたいです。

これはホントそれ、と思う言葉で、こういう感覚を持ってきっちりやっていきたい。ただ、フロント・バックエンド開発とまとめてインフラ周り全部見る時間はなかなかきついんですけどね… やはりこのへんは自動不足だよな…と思うなど。

まあこういうところはリソース差出ますなw

D2. AWS CDKとTerraformをn個の観点で徹底比較

タイトル通り、AWS CDKとTerraformを徹底比較してくれる内容。正直、この手のツールが使われてないので導入の検討が出てる中、こういう情報は非常にありがたいですね。チームにも展開していまいましたw

まあやはり一長一短はあるなあという感じでしたが、組織的にどちらに合うか、みたいなところも説明されていて素晴らしいなと思いました。

blog.serverworks.co.jp

この記事も紹介されていましたが、このあたりはなかなか難しそうですね… 結局は頑張って自分たちに合うベストプラクティスを探していく必要がある、銀の弾丸など無い、ということですわな。勉強しないと…

C3. AWS SSO x オンプレADで簡単IAMユーザ管理

IAMユーザ管理をAD連携でうまくできないかという、なかなかニッチな話。前職にはADあったけど、今の弊社にはAD無いのでふーんくらいかなと思ってしまいましたが、

スイッチロール使ってるのでこれは見てみようとか

AWSが外部連携する技術として色々あるんだなあ、しかも最近新しくできてきてるようで、ふとこの感想をつぶやいてました。

こういう風に知らないことを知れるのは非常にありがたいですねー(ちょっと途中聞けてないところあったんですが…)。だからJuly Tech Festaはやめられない(もちろん他のカンファレンスもね)

D4. オブザーバビリティから理解するコンピュータサイエンス

パフォーマンスデータをとって監視したとき、どう読み解くのか、読み解くためにはコンピュータサイエンスいるよね(意訳)というちょっと耳が痛くなる部分もあるお話。これは非常にためになりましたね… もっと多くの具体的事例について聞きたかったです。

軽く展開させていただきました。いやー、もっと掘り下げたい。

A5. 結局セキュリティってどうすればいいの?~セキュリティ超入門

確かにセキュリティの超入門ではあるけど、そこらの入門書に書かれてるピンとこない内容をうまく噛み砕いてこう考えましょうみたいなことを説明してくれる内容。ベテランでもふと振り返るにはすごくよいなあと思いました。資料が上がってないみたいで残念!

これはピンとこないかも?

こういうとこですよね。具体的にセキュリティ考えるとき、ここを忘れちゃいけんよという。

CIA!CIA!

D6. 量子アニーリングが簡単ってご存知でしたか?

ご存知なかったです。

学生時代最適化問題解く研究してたのでちょっと分かるかなあと思って聞いてたのですが。懇親会でもお話聞くことできましたが、やっぱりこの辺書くのが一番むずかしいようで… それ以外の部分は簡単に使えるように、っていうのが今回お話された内容の主旨でもあるということでした。現実をエンジニアリングするの難しいよね…


でも一番重要なことは藤間くんが教えてくれました。

C7. 結局「インデックス」ってなんなんですか? - PostgreSQL の仕組みからインデックスの理解を深める

実は私もインデックスが何なのか知らずにRDBを使っていた人で… 大量データなどが無い、本当にシンプルなDBばっかりだったので… 分かる、分かるぞ…と思いながら聞いておりました。で、なんとなく当時参考になったページを紹介させていただきました。


SQLパフォーマンス詳解を紹介。(1スベリ)(ノルマ達成)


中座

アラート来た。さすが試されてる。これがインフラエンジニアの採点か。(採点しないでよ2スベリ)

D12. SonarQubeをより有効活用する

なんだろうSonarQube?で聞くという。

へ~へ~。CI/CDの考え方からこのツールに至るまで整理して説明いただけて非常にためになるお話でした。ちょっとどこかで使ってみたいなとは思いました。まだこの前段の部分が不足してるのでまだ先になりそうなところですが。とにかく覚えておきたいSonarQube。

休憩

トイレ行ったり何なりしてたらわりと聞けなかったですね… やはりそういう意味でも休憩はほしいですな。

B14. アジャイル時代こそ「設計」の意味を理解しよう

設計とは、というお話でしたが、なんかあるある話として聞いてしまいましたね。さすがに疲れてきてたのもあったかもw

設計ちゃんとやってこうぜ!(感想が雑w

懇親会

gather.town 周りで噂が聞こえてきていて使ってみたかったのでちょうど良かったです!

UIとしてはすごくいいけど、それだけにどう入っていけばいいか難しいところはありましたねw(性格の問題です) スタッフの方にいざなっていただき徐々に入っていけました、ありがとうございましたw 毎回ありがとうございますと多少なりともお礼を言えてよかったです。


終盤は結構真面目なお話させていただきました。量子アニーリングのところでも書きましたが、システムがあっても現実の問題を解ける状態に落とし込むところが最難関みたいなとこありますよねーとか。

皆さん抱える悩みはやはり似てるということがわかってよかったです。こういう談義は楽しかったです、ありがとうございました!!

まとめ

こう書いてみるとやはり結構な種類の話があってボリューミーですね。この日はブログ書く気力なかったですw日曜おじさんの脳には厳しいw


ということで今回も楽しく学びのあるJTFでした。スタッフの皆様本当にありがとうございました。次回も応援チケット買うのでよろしくお願いいたします!Winterあるかな?