読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スベリミナル効果

技術的なことを書こうと思ってたけど何でも書くことにします

技術的なことを書きたいんですけどね… 指摘・質問・罵倒コメントください…
ダジャレ好きの方はこちらにどうぞ→スベリブログ2.0

れがしーしすてむが あらわれた

ネタ

れがしーしすてむ が あらわれた

 

こまんど

 >すてる

  >きのうA

   ???「それを すてるなんて とんでもない!」

  >きのうB

   ???「それを すてるなんて とんでもない!」

  >きのうC

   ???「それを すてるなんて とんでもない!」

 

 >つかう

  >きのうA

   しかし なにも おこらなかった

  >きのうB

   きのうBは ヘラヘラ わらっている

  >きのうC

   へんじがない ただの しかばねのようだ…

 

 >たたかう(えんはんす)

  >きのうA

   きのうAは なかまを よんだ

   なんと バグA バグB バグCが あらわれた!

  >きのうB

   きのうBは スパゲティコード をとなえた

   あなたは こんらん した

  >きのうC

   もうやめて あなたの こうすうは ゼロよ!

 

ブログを続けさえすればアクセスが伸びる、そんなふうに考えていた時期が俺にもありました

雑談 ダジャレ

この記事を読ませていただきました。

 

enter101.hatenablog.com

 

そう、PVや読者数なんて関係なく、書き続けることができれば人気ブログになれる!

 

 

 

 

なんて言えないよゼッタイ~♪

 

 

 

それはきっとしかるべき場所で、しかるべき需要に対して書かれた場合なのです。

 

11年細々と続けても、むしろPVが減り続けbotとスパムしか来なくなるブログだってあるんです!!

 

 

久々にあった知り合いの皆様には

 

「え、あれまだやってたの?ブログよりその事実の方が面白いわwww

 

「え?まだ続いてんの?あの内容を続ける胆力が凄いわ…(ドン引き)

 

といった感想を頂きますしね。

 

 

 

さあリンクをクリックし、その内容に刮目するがいい!!

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

うん、まあ、続けたと言っても、休止期間とかありましたけどね。

 

 

せっかくなら、そのまま急死すれば良かったのにね。(1スベリ)

 

質を高めるQCストーリーでも考えたらよかったんですかね。(2スベリ)

 

休止期間開けても、旧式艦のごとく進歩が見られませんでしたからね。(強引な3スベリ)

 

 

 

 

ほら、需要ない。

 

 

 

ということで、質にもこだわりつつ、ブログを続けることをお勧めします\(^o^)/

 

ショーンK氏をショーンK(尊敬)するのはショーンK(早計)なのか(1,2スベリ)

雑談 ダジャレ

わりとワーワー言われているショーンK氏の経歴詐称問題。

私も「ショーンK」というダジャレ抵抗値の低いワードに対してつい呟いてしまいました。

 

象形文字に申し訳ないことをしました。

 

 

もともとショーンK氏を知らなかったので、問題自体についてとやかく言うつもりは無かったのですが、

非難だけでなく擁護の声もあり、その間で喧嘩したりしてて色々面白いなあ(失礼)と。

なのでこの(全く更新されない)ブログでちょっと書いてみようかなあと思った次第です。

 

いくつか記事など見ましたが、各々が以下のような観点から発言していると思うわけです。

 

1. 経歴詐称 ダメ。ゼッタイ。

2. せやかて工藤、経歴並の能力はあったやろ

3. 学歴・肩書き主義オカシイダロ WHY JAPANESE PEOPLE!!

4. マジかよフジテレビ最低だな

 

 

基本的には1についての話をしており、他の話はしていないわけです。

単に「経歴詐称はOKですか?NGですか?」と質問したら99%の人はNGと答えますよね?

一つの嘘から次の嘘へ…まさに麻薬のような依存症になってしまう…NGです。

なので1の話はおしまい。めでたしめでたし。

 

 

ちょ、待てよ

 

という感じで、2と3が顔を出します。この出方はきっと人それぞれでしょう。

 

2. せやかて工藤、経歴並の能力はあったやろ

 2-1. ワイがあないに納得させられるわけあらへん

 2-2. ホンマもんの英語に聞こえたで

 2-3. ショーン氏かっこええわぁ、タイプやわぁ

  ︙

 

3. 学歴・肩書き主義オカシイダロ WHY JAPANESE PEOPLE!!

 3-1. 高卒だとコメンテーターもできないこんな世の中じゃ POISON

 3-2. 実力主義にすべきだ、お茶だってちゃんと綾鷹が選ばれるんだから!

 3-3. 俺だってあの大学に入れてれば今頃はあqwせdrftgyふじこ

  ︙

 

ネタに走り過ぎてわけが分からなくなってきましたが、

3の感情は多くの人が少なからず持っているものだと思います。

なので、2と3の発言が出るのはまあしょうがないよねと。

 

そこまではいいんですが、2と3の意見を見た瞬間に、怒り狂う人がいらっしゃるようで…

 

1-1. 馬鹿野郎!!これ許したら真面目に努力して正しい経歴書いてる人たちがふじこふじこ

1-2. テレビを見てくれている人たちへの裏切り行為だ!(キリッ

1-3. それを言うってことはお前もホラッチョだな→泥棒だな→通報しますた

※この辺の意見はほぼ妄想です、実際に見たわけではないです

 

 

誰も1(経歴詐称)を許してあげようぜ、なんて言ってないわけですが、

2 or 3を述べている→1を許している→氏ね という解釈の人たちがいるわけです。ここが一番の問題かなあと。

 

まあ実際、「学歴こだわらん」を主張する人は、「経歴なんか別にどうでも^^;」

だと思うので、ある意味1を許している感じに聞こえるのかもしれませんが。

でも「経歴"詐称"は自由でしょ」と言ってるわけではないので、そう噛みつく程ではないと思うんですけどね。

 

断固たる決意で1を守りたい人は、経歴をちゃんとチェックすればいいし、

2, 3を主張する人は、経歴だけでなく能力を判断するよう心がければいいだけじゃないですかね。

各々の意見通りやればいいじゃんと。詐称はもちろん無しでね。

 

 

ちなみに、4の主張については以下の通りだそうです。

ショーンK氏の経歴詐称は何の罪? 弁護士が語る「詐欺罪にならない可能性」 | マイナビニュース

採用する側にとって契約を結ぶ相手や社員の経歴を調べる義務は特段ありませんので、法的な責任を負うことはありません。

まあ、どうやって確認するんだっていうのは常にありますからね。

 

そもそもMBA云々でなく主婦受けするコメンテーターが望まれていたようですので、

結局、必要だったのはチャーリー浜だったんですよね。

ショーンさんへ

ショーンKに松本人志「高卒で堂々と報道番組...すごいタマやな」

 

そういう意味では、実際大した問題ではなかったんでしょうけども。

# 個人的にはベッキーの方がもっと大した問題ではないと思うけど

 

 

 

でまあ、いくつか読んでて、個人的に同意したのは以下の記事ですかね。

 

ショーンKの努力に敬意を表したい - コバろぐ

 

コメンテーターとしてどの程度の感じだったのか知らないので、何も言う資格は無いのでしょうけど、

なりたい人物像があってそこに合わせて自分を磨けるのはやっぱり凄いのかなあと。

身近な人がわりとこういう意見を述べているみたいなので間違ってはいないのかなと。

 

 

簡単にまとめると、

 

自分が憧れる姿をイメージして具現化して形にしたショーンK氏、

 

 

ショーンK(憧憬)ショーンK(象形)したショーンK氏、

 

努力に関してショーンK(尊敬)するのはショーンK(早計)ではないかなと思いました。(結局ここに落としたかっただけ4スベリ)

 

【当方徒歩、ほとほとトホホ】 vol1-2. ~埼玉県 秩父 聖神社・美の山公園~

誰得な旅日記の続きです(もう2週間経ってる…)

 

歩いた時どういう道なのかっていう情報が意外と見つからないので、

書いておけば誰か見るかもなあ、という意図もあって書いてみてます。

すぐ見つかった

  

 

三十槌の氷柱を後にして一泊後、聖神社に向かいました。

 

 

日本最初の流通貨幣である「和同開珎」ゆかりの神社で、銭神様が祀られているとのこと。

正直なところ、名前が「聖」という表記なので、ネタ的に行くべきと思っただけで行きました。(え

 

 

まず、最寄りの黒谷駅までは秩父鉄道で。駅から少し歩くと着きます。

 

f:id:hijili2:20160222010551j:plain

なんだか分からないけど、妙なインパクトを感じる看板に誘われます…

 

 

f:id:hijili2:20160222011114j:plain

非常に小ぢんまりとした神社でした。

まあ、これだけ「聖」が掲げられると悪い気はしないですね(お前のことじゃねーぞ

 

銭神様にあやかってポケットモンスター青とか売ればいいのにと思いました。(それはゼニガメだろ世代がばれるぞ1スベリ)

 

 

この近くに、和同開珎の原料となる銅を採掘していたという和銅遺跡があります。

急坂を少し登る必要がありました。

 

大きなモニュメントが見られます。

f:id:hijili2:20160224224837j:plain

逆に言うと、大きなモニュメントしか見られません

 

こう見ると、丸に四角っていう構成、「わどうかいちん」って響き、結構好きです。

※「わどうかいほう」説もあるらしいです

参考:「和同開珎」 和同開珎は「カイチン」か「カイホウ」か 

 

なるほど、色々議論があるわけですね。

「ほう」でも「ちん」でもどうでもいいや!

と、ホウチン(放置)されてるわけではないと知って安心しました。(何目線で安心したのだろう2スベリ)

 

 

 

そんなダジャレを口ずさみながらノホホンと観光できたのはここまででした…

 

遺跡を後にしてふと見ると「美の山山頂まで2km」という看板が目に入り。

2kmくらいなら行けるやん、と何も考えず歩いていった結果がこちら。

 

f:id:hijili2:20160225003620p:plain

 

いや、まあ、距離はいいんですが…

 

 

f:id:hijili2:20160225003934j:plain f:id:hijili2:20160225003940j:plain

思いのほか山道… ハイキングコースではあるらしいのですが…

散歩程度にフラっと来る道ではございません…

 

 

30~40分歩いて…

 

f:id:hijili2:20160225004521j:plain

山頂です。世界の山頂から。("山頂"と"車窓"ではダジャレになっていないと思う3スベリ)

写っているのは武甲山(ぶこうさん)です。格好いい。

 

 

さて、冬なのに汗だくになりながら山頂に着いたのですが…

この時期、何もありませんでした…

 

・売店はあるが閉まっている

・自販機はあるが電源が入っていない

 

もう昼時、飲み物すら持ってない…

 

山頂で飲み物が無いなら…みんな、死ぬしかないじゃない!

 

と思いましたが、何名か見かけた登山客の皆様は、

当然のごとく水筒やお弁当を持参されていました。当然ですね。

 

 

ということで、休憩(飲まず食わず)の後、下山を試みるわけですが、

もうキツイ道なんか嫌だ、楽に降りたい、空を飛びたい、鶴仙流に入りたい、

と思いながら、楽そうな道を探します。

 

いくつか道がありましたが、「関東ふれあいの道」というのが目につき、

お、これは自然にふれあう優しい道に違いない、と勝手に解釈して歩き始めました…

 

 

 

 

 

 

f:id:hijili2:20160226001606j:plain

 

おい、普通に雪道だぞ。

 

 

f:id:hijili2:20160226222621j:plain

 

道?どれが?

 

 

こっからより酷くなりまして、写真を撮る余裕もなくなり…

 

「これヘタしたら死ねるぞ、押すなよ、絶対に押すなよ」などと独りで呟いたりしながら、

(色んな意味で)危ない感じにソロソロと降りて行きました…

 

※ちなみに、この道中で聴いていたのはbackspace.fmのSiriの中の人の話でした(余裕あるやん)

 

 

しまいにはガッツリ足を捻って捻挫みたいな状態になり、マジで帰れないかと思いました…

なんとか車道に辿り着き、そこからは舗装された道路を、拾った木の棒を杖にしてトボトボ歩いて帰りましたとさ。

 

関東ふれあいの道は、自然の厳しさと死の恐怖にふれあえる道でした。

#冬じゃなければ大丈夫です

#街中を散歩する格好でノートPC背負いながら来なければもっと大丈夫です

 

 

いやあ、山だけに、山々(散々)な旅でしたね。(全然ウマくない4スベリ)

 

 

皆さんも、ご旅行は計画的に!

 

【当方徒歩、ほとほとトホホ】 vol1-1. ~埼玉県 秩父 三十槌(みそつち)の氷柱~

たまに2~3日程度の一人旅に行くんですが、基本的に予定をあまり立てず、

適当に歩きまわるという無謀なスタイルでフラフラします。

そんな旅行記を『当方徒歩、ほとほとトホホ』というタイトルでたまに書いていこうかなあと。

※回文じゃないです、回文にできそうでできませんでした…

 

で、今回はタイトルの通り、秩父の三十槌の氷柱を観に行こうと。

 

見ての通り、明らかに車かバスで行く場所です。

私も、バスを使うつもりで秩父鉄道 三峰口駅まで行きました。

しかし、当然と言えば当然ですが、バスの本数が少ない!

 

秩父地域 路線案内 西武観光バス

このレトロなページの「M」が該当のバス時刻表でございます。

 

11:40くらいに三峰口駅に着きましたが、バスは一時間後。

まだそんなにお腹も減ってない。

 

「歩こう」

 

ということで、この歩けるのかどうかも分からない道を歩き始めました…

ここで、今回から導入した、Googleマップの「タイムライン」をご覧ください。

規約を読んで貼っていいと判断してますが、問題あったら教えて下さい…

 

f:id:hijili2:20160214123523p:plain

 

分かりやすい!(徒歩かバスかなどは若干編集してます)

山奥でも意外とちゃんと追跡してくれます。水色が徒歩です。

帰りはさすがにキツくなって遊湯館(道の駅大滝温泉)からバスという行程。

 

三峰口~三十槌の氷柱まで3時間半とありますが、途中で昼飯食べたり

寄り道(後述)したりも含まれるので、そんなにはかかりません。

多分2時間半くらいです(それでも長いわ)。

 

これから同一行程を歩む方がいるかもしれないので(いねーよ)

いくつか感想を書いておきます。

  • 歩道があったりなかったりする(車からするとすげー邪魔だったと思う)
  • 道によっては歩道に雪が結構残ってて歩きづらい、滑ると危ない
  • この時期は大して見るものもない

以上、車で行かれることをお勧めします。

 

 

いやいやいや、それじゃ自己否定で終了してまうやろ!!

そう、歩いたからこそ気づく風景というのもあるんです!

 

例えば、こんな山奥の壁面でも、あの住宅メーカーが活躍している様子とか。

 

 

 

 

 

 

f:id:hijili2:20160214175049j:plain

 

    f:id:hijili2:20160214175122p:plain

完全に一致!!(それほどでもない)

 

 

また、『廃墟の休日』という番組を見てた方なら少しグッとくるであろう風景があったり…

 

 

f:id:hijili2:20160214220909j:plain

ジョンから "no problem" ってメールが来ないか待ってみたけど来なかったです。

 

 

f:id:hijili2:20160214221017j:plain

廃墟ではなく、事故かもしれない…

 

 

なぜ…僕がこんなとこ歩いているのか… そこから話をしないと、

この話は始まらないと思います…的な雰囲気は伝わりましたでしょうか。(伝わらねーよ)

 

 

まあ、歩いてて気づいたのはこれくらいです…(ほぼ何もねーじゃねーか)

 

あ、でも、このように歩いた理由はもう一つありまして。

私、滝が割と好きで、このコース途中にも滝があるんですね。

 

パンフレット | 秩父観光なび - 滝マップ

竜門の滝、夫婦滝くらいは見られるかな~と。

 

で、この竜門の滝あたりに踏み込んで行った結果…

 

f:id:hijili2:20160214215246j:plain 

スニーカーでは歩けません。油断するとコケます。

 

f:id:hijili2:20160214215253j:plain

うん、普通に入っちゃいけなかった。

 

f:id:hijili2:20160214215329j:plain

これはさすがにクマ…いや、草。怖い。

 

近くのうどん屋のお母さん、「滝はすぐそこですよ~」って軽く言ってたんですがね…

悔しいので遠くからズームしてみる…

f:id:hijili2:20160214215340j:plain

今(の時期)は~これが精一杯 byルパン三世

 

皆さんは、是非春や秋にご訪問ください…(普通そうですよね)

 

 

 

 

で、ゴールです。

 

f:id:hijili2:20160214221719j:plain

おお…

 

 

f:id:hijili2:20160214221619j:plain

ふつくしい

 

 

皆さんも、是非、車で見に行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

歩きながら口ずさんだ曲。

山本リンダ狙いうち