スベリミナル効果

技術的なことを書こうと思ってたけど何でも書くことにします


通常用

ふざけ用
何でもコメントください。誤り指摘コメントなどには「コメン(ゴメン)」ト誤ります(1スベリ)
ダジャレ好きの方はこちらにどうぞ(更新してないけど)→スベリブログ2.0

腰痛日記…

本当に腰痛が治らないんで、とりあえず記録残して、後で振り返れるようにします。スマホで書いてることもあり色々適当です、後で整形するかも?結局ヘルニアだったわけですが、ヘルニアだとこんな長引くもんなん…?

時系列

最初の方を忘れ始めたけど、記憶の限り書いておく…

  • 3月初旬~

なんか腰が痛いなあ…が続く。放置が良くなかったかな…

  • 3/10 (日)

整骨院に初通院。基本、よく見る電気治療と、患部マッサージ。背中の筋肉押されると痛くて、こっから来てる痛みだと思われるとのこと。

  • 3/11 (月)

普通に出社するも痛みが昨日より辛かったため16:00頃早退。 座ってるとかなり痛みを感じる状態だった。 その後、通院。駅から15分くらい歩いて行けてたので、歩く分には問題なかった。昨日より痛くなった旨伝えたら、腰にテーピングされる。

  • 3/12 (火)

昨日より状態は良かったので普通に仕事したが、念のため定時くらいで切り上げ。

その後通院。施術はとくに変わらず。

  • 3/13 (水)

さらに良くなった感じだったのと、休暇前で諸々やることが多かったので22:00くらいまで残業。

  • 3/14 (木) (こっから5営業日の休暇)

案の定、少し痛みが増した感じはあったが、休暇を安静に過ごすためにNintendo Switch買いに行くくらいの余裕はあった。

普通に通院。

  • 3/15 (金)

昼頃に、むせて咳き込んだときに腰の筋肉をつるような痛みが走る。多分、俗に言うギックリ腰的なもの。 痛かったけど普通に通院。動けてるのでそんなに酷くはないでしょう的な診断。風呂に入って暖めて良いとのこと。

用語定義しよう…

・旧患部…元々ずっと痛かったほう。腰の中心、尾てい骨の奥の方が痛む感じ。基本は座ってる時だけが辛くて、立ってるときはほぼ気にならなかった。体を反らしても痛くなくて、前屈の方が怖い。

・新患部…新たに痛めたほう。旧患部よりやや上、尻の上部の左右両方の表面が痛む感じ(右の方が明らかに症状が強い)。少し立ってると痛くなる、座ってるとなお痛む。体を少し反らすと痛い。

・左足踵…実はずっと違和感があり、最近はたまに軽いしびれみたいな感覚もあった。因果関係は不明。

  • 3/16 (土)

新患部が嫌な痛み方になる。

まだ通院途中でポケモンGOやる余裕はあった。

  • 3/17 (日)

痛いのでほぼ何もせずゴロゴロな生活… 

新患部の方は筋肉の痙攣って言われて、三、四日は治まらんかもということを言われた。ストレッチしろって言われたのでできる範囲でやってた。

  • 3/18 (月)

この日、朝はそんなに辛くなかったけど、午後になるにつれて新患部の痛みが嫌な感じになってきて、夜病院行こうとしてなんとか外にでたけど、ジワジワ痛む不安感があって家に引き返してしまう。翌日まで様子を見ることに…

  • 3/19 (火)

昨日より痛みが酷くなり、徒歩十分の病院に歩ける自信がなく、タクシー呼んで通院…

やや絶望感に打ちひしがれ気味で文句的なことを言ってます… ただ、何が悪かったか本当によく分からんのです… 帰宅後はスマホをいじる程度の行動しかせずただ寝ていました…

あと、症状が椎間板ヘルニアっぽいかもと言われた。うーむ、ギックリの延長線だと思うんだけど… その日の先生によって若干診断が違う感じは気になる…

  • 3/20 (水)

正直、トイレに座るのもキツイ状態だったので飯もあまり食わずほぼ横になってました… 前日よりはマシではあったけど、病院まで歩ける気はしなかったので言われた通りずっと寝てた。

  • 3/21 (木)

1.5日ほぼ不動だったおかげか、かなり楽になり、病院まで歩いていけた。翌日、ギリ出社できそうな気になったのでテーピングしてもらった。この日もできるだけ安静にしてた。

  • 3/22 (金)

止めときゃ良かった… 念のため午前休にして午後から行ったのに、三十分も普通に座ってられなかった… ただ、ロキソニン飲んだりして誤魔化し誤魔化し、打ち合わせだけはやって、16:00に早退という始末…

帰りの電車で立ってるだけでもヤバくなってきて、途中駅で降りてタクシーで寝転がらせてもらいながら帰るという見苦しい行為に出る…

ただ、このあと家で一、二時間休んだら、嘘のように痛みが引いて、むしろここ一週間で一番楽な感じになる。早足で病院に行けて、これはやっと通常生活になりそう…

そんな風に考えていた時期がおれにもありました…

  • 3/23 (土)

期待を裏切らない悪化っぷり… 木曜より少し痛いくらいに戻る… 病院まで歩くのもそこそこ痛くて辛い感じ… 昨日の夜はどういう状態だったのだろう… 先生に聞いてもうーんって感じでした…

旧患部と新患部の痛みの境界が微妙になってきた感じがあるが、基本、辛いのは新患部のほう。通院帰りとっさのクシャミをしてしまい新患部のほうに結構響いた…

その後、洗濯物干したり、近くで買い物したりはできてるので、明日に期待…

  • 3/24 (日)

朝:朝は大抵調子良くないが、昨日より痛みが若干強い印象… 立って動くだけで痛い。結局、そこそこ動いた次の日は痛くて、病院にも行かず何もせず寝てた時が一番調子がいいような…

昼:昼まで横になってたがあまり状況変わらず… 昨日のクシャミで響いたあたりが痛いような気もする… もはや完全安静しか道が無いのか… とか言ってる矢先、仰向けに寝てるときにクシャミが出てしまい、やはり腰に響く…死角は無いんですか…

夜:たまに立ち上がりゃ痛い… なんか色んな痛み方が混ざってよく分からなくなってるが、やはり新患部の右側の痛みがキツすぎる…クシャミが響くのもここ。横になれば痛みは引くけど、また立てば痛いの繰り返し… 動かした方がいいケースもあるだろうけど、やはりこれは昨日からのクシャミ攻めで悪化気味なので安静にすべきと判断… 病院も毎日やってるけど、今日は行かずに安静にしてた。

深夜:より難しい状態に… 普通に仰向けに寝てるだけで、旧患部付近(腰の中心部)がジワジワ痛くなる感じに… 横向に姿勢を変えても少しすると同じ箇所がジワジワ痛む… 新患部も痛くないわけではない… 回避できる姿勢が分からずほぼ眠れない…うーむ…

  • 3/25 (月)

朝:上記の深夜からの状態ほぼそのまま… 立ち上がったら新患部痛い。多少動くだけで旧患部寄りの場所が痛い。詰んでる…

YO!痛!たちが腰を刺激する ナマ腰 魅惑の コルセット - スベリミナル効果

とはいえ、仕事もせにゃならんので懐かしのこのシステムを久々に引っ張り出してきて、在宅勤務してました… 腰だけが問題なので、xrdpのGUIの反応が遅い点とタイピングしにくい点を除けば普通に働けはします… 頭は痛くなるけど…

夜:あんまり良くなってる気もしないけど、悪くもなっていないような感じ… 少し立って歩くだけで新患部の痛みが結構厳しくなるのは変わらず… 通院も控えておく。

  • 3/26 (火)

やっと多少良くなった感。夜には少しなら無痛で歩ける感じ。先週木曜くらいの状態にやっと戻ったレベルだが… 油断するとまたおかしくなるので、ここから悪化しないよう大事に攻めたい… そして、いきものかがりファンクラスツアー唯一取れた日だったけど、当然行けませんでした…悲しい… 腰痛が治ったら放牧します…

今日も通院は控えた。これまでの感じだと、行ったことで悪化するんじゃないか感がぬぐえないので…

  • 3/27 (水)

いよいよ会社の人にも「まだ来れないんかホンマに?」感出てきた。でもね、徒歩3分のドラッグストアまで行ってみたんだけど、痛いんですわ。一点だけが痛い。ただ少し歩いてきただけなのに、その一点に思いっきりヒザ蹴り入れられたような痛み。でも、帰ってきて寝てれば消える(長く痛かったときほど時間かかる気はするけど…)。この状態で徒歩10分の病院に行くべきか… と悩んだけれど、結局やめる。痛いので…

  • 3/28 (木)

結局、ほぼ寝たままなら確実に良くはなっている。何より食欲が出てきた。因果関係は分からないが、なんか全体的に調子が良くなっている気がする。立ち上がるときもほぼ普通。

と言うことで徒歩3分のコンビニくらい行ってみたけど、やっぱり新患部(もはや古傷になってきた気もするが)の右部分に痛みが出る… 昨日ほどではないけど… もう少し我慢して動かしてれば、ほぐれて良くなるような感じもするけど、前例が前例なので、一応、こらえて抑えておく… 洗い物するとか、トイレ行くとかはほぼ問題ないので、さすがに明日は徒歩10分の病院には行こうと考えている。うーむ、本当にレベルが低い話だけど月曜は出社できるようなんとか…

  • 3/29 (金)

昨日よりも腰の痛みは少ないのでいろいろ動いてみたけど、一点だけが痛い状態はなくなった。ただ、動いてるとその他の部分がそこそこ痛む。一番痛い箇所が和らいだら他の部分の痛みを感じ始めたような雰囲気… にしても、曖昧な主観だけど、今までより嫌な感じが無いというか、耐えて少し動いていると和らぐような感じもあるので、動かしていったほうがよい状況だと判断。判断したけど、動く→辛くなって横になる→楽になる→動く を何度もループしてキツくなってきたので、病院はまた明日に先送ってしまう… いや、耐えれば行けるんですけどね、前それで帰りにまた痛めたから…トラウマみたいになっとる…

  • 3/30 (土)

朝起きると辛い…やっぱ痛くなるんだよね、動かしたあとは… まあ、朝辛いのはしょうがないことは分かっているので、積極的に動く→休むを繰り返してたら徐々に緩和されてくる感じ。基本的に、痛みを感じるのは新患部+α。状況によって左右どっちも色んな箇所が痛む。前進してるのかイマイチ判断に困るけど…感覚的には良いかと。 ということで満を持して?病院に行く。再度診察されましたが、どうも、旧患部と新患部の痛みの違いをちゃんと伝えられてなかったなあと今は反省している… 痛い?と聞かれてて痛むか痛まないかの二択にされてしまうわけですが、歩いてて傷むのは新患部だけ、先生が診察するときの痛み方は二種類ある、など上手く説明できてなかったと… まあ、結果、施術的にはは変わらないのかもしれないが… で、帰ってきてそれなりに動かすようにしてたけど、夜になって結構指圧された旧患部のとこがズキズキ痛む場面も… うーん、大丈夫かなあ…

  • 3/31 (日)

良くなっている印象がない… 結局、痛みは新幹部の右の尻のあたりに収束していく… 歩き続けたり、立ち続けたりするとジワジワそこが痛くなるのは前述通り… 28日以前の状態とほとんど変わってないということ… 病院に行って「マジか、また悪くなってんの」的なリアクションをされた(ような気がした)。かなり念入りに色々チェックされたけど、結局筋肉由来のものである感じは変わらず。でも、もともと硬い身体ですが、それがさらに色んなところが硬くなっていて、その影響の結果その部分に痛みが出てるのではという感じ。あまりにも良くならないので結構深刻に受け取られた感はあった。というか、昨日と違う先生だから受け取り方が違うっていう部分もあると思う… この辺は難しい… ってか結果として、安静では治らないのはほぼ確定なので、痛みをある程度我慢して動かしていく方向に舵を切ることにはする。先生は当然少しずつにしてくださいとは言うけど…

  • 4/1 (月)

とりあえずトライしてみたけど出社できず… 朝、駅まで行ってはみたものの、いつもの2倍時間がかかり、かつ痛みがやはり酷く、何とか会社に辿り着けてもそこから何もできなくなりそうだったので泣く泣く引き返す… 一旦家に帰り横になれば痛みは消えていくんだけど… 少し休んで病院へ…病院に歩いていくのも同様に辛い… ただ歩いているだけなのに…  今日もかなり念入りに色んな箇所をマッサージというか指圧する感じ。股関節とか、腿裏とか、背中とか、押されるといちいち痛くて完全なリハビリ感があった。動かさなすぎたということなのか… 食生活についても、色々指導されてしまった… 買い物も正直近くのドラッグストアかコンビニまでだったので、もっとちゃんとしたもん食えなど… そこまで行かないとダメな身体なのかしら…  また、保険適用外で夜も治療を受けに行った。かなり時間を取って、ストレッチなどまでやってもらった。久々に少し楽になった感じがあったが… やはりピンポイントで痛む箇所は夜寝る前の感覚だと変わらなさそう…   マジ、ここまで長引くなんて想像もしてなかった…令和前にクビになるぞ… あと、痛みの箇所とか痛み度合いの数値化とかもっとちゃんとやれば良かった、こんなに長くなるのなら… ダラダラした文じゃなくて箇条書きにしようと最後に思った。

  • 4/2 (火)

・踏ん張って出社してみた。やっぱ無理。まともな姿勢は維持できず…立ったり座ったり誤魔化しながら午前でギブアップ

・限界を超えると、もはやどこが痛いか分からなくなってくる。新患部の痛みが一巡?すると腿の付け根部分とか、背中とかが痛くなり、最終的には旧患部(腰の中心)が痛くなり、帰りに電車が少し揺れるだけでもハウッてなる。痛みの宝石箱や。

・でも横になって少し休めば痛みがほぼ無くなるのはお約束

・午後病院に行くときは、午前よりは色々和らいでいる感じはある。やはり、無理しても動かす必要があるような気はする

・治療も色々念入りにやってもらっている、治療というよりリハビリに近い…

  • 4/3 (水)

・会社からちゃんとした整形外科行けと言われたので行く(今までの「病院」は近所の整骨院、だって整形外科は私の症状には何もしてくれないので…)

・やはり定形の診察のみで特に所見はなし。レントゲンも4年前と比較して特に悪くなった感じもなし(腰椎分離症の進行なし)

・ただ、MRIは一応撮ることになり、また金曜日に行くことに…

・待ち時間が長くて、それが一番辛すぎた…横になって待てませんかと聞いたけどダメだった…立ったり座ったり悶絶しながら待ってた…

・午後、少し休んだのち、少し遠めのスーパーに買い物など、あえて動くように努力。やはり痛みは出るし、帰り道とか苦悶の表情ながら回を重ねるごとに和らいでいる感じはある

・夜、整骨院の方に行く。痛み無しで前屈・後屈できる角度が明らかに改善した。久々に回復の手応えがあった

・今となっては、リモートワークしてた週は、結局家でほぼ動かないという状況を作っていたので、そのあたり対処を間違えたのかなあ… 多少痛くてもやや強引に動かしていくべきだったかなあ…という感想(でも、そのときは"多少"と思えなかったんだけど…難しい…)

  • 4/4 (木)

・一応、朝会社に向かって駅まで歩いてみる。昨日と比べ、痛みが出るまでの時間と痛み方が確実に低減してはいたが、まだ座って長時間耐えられそうになかったので休む…

・病院にて、右足の腿裏や足の裏を指圧されたら死ぬほど痛かった。足つぼ芸人みたいにヒイヒイ声を上げて涙目になるレベル…今までのどの腰痛よりも痛かった…

・その後は無駄に買い物行ったり、ストレッチしたり、痛くてもとりあえず積極的に動いていく

・夜とかはかなり普通に歩ける

  • 4/5 (金)

・明らかな回復が見られたので出社。しかし、座りはやはりキツイ… 相変わらず誤魔化し誤魔化しだが、火曜よりはかなりマシ。

・午後はMRI検査で病院へ… タクシーで横になり回復を図りながら… 今日は検査のみで後日診察

・帰りは徒歩と電車で何とか帰れた。痛みはあるけど、痛みで折れてタクシー呼ばなくて済むレベルなことがかなり喜ばしい。

・ただ、午前の座り仕事がかなり効いており、旧患部はかなり痛い… 久々に座ったことと身体が鈍っているあたりだろうなあ…

・夜は整骨院へ。知らない先生だったが、この手の痛みにかなり詳しい印象。別の先生もやってはいたが、ある箇所を押さえながら動かして痛むかどうか、という診察がかなり自分の状態に合ったものだった。グループの医院が色々あって、たまに人が入れ替わったりするらしい。信頼度が上がった。

・徒歩は、多少痛みがあってもほぼ問題なくなった感。来週はきっとなんとかなるだろう(前フリ)

  • 4/6 (土)

・朝に多少痛むのは相変わらずだが、新患部が若干重い感じ。どっちかと言うと筋肉痛っぽい感覚。おそらく昨日かなり歩いたり座ったりしたからではないかと…

・状態の比較が難しい。歩くことは大丈夫だが、重い感じが地味に辛い

・普通に通院。仰向けで右足を少し上げたときに左の腰が痛む状態(ってここまで書いてないっけ?)は相変わらずあまり良くなっていない。右の腹部を押しながら上げると痛みがあまり出ないような、出るような… このへんの筋肉の仕組みが理解できていない…

・スタンディングデスクでPC使うのはまだ微妙… 立ちの姿勢でキーボードいじってると5分くらいで微妙に痛みが出るような感じ

・ストレッチするときの痛みは軽くなっている感じ。ただ、要所要所で軸の部分が痛むときは痛むのはまだよくある

  • 4/7 (日)

・選挙ついでに一時間くらいフラフラ散歩したが、痛みが酷くなる感じもなく普通に歩ける。が、痛みが無いわけではなく今ひとつスッキリしない感じ… 傷むのはやっぱり新患部。

・仰向けに寝て右足上げると左の腰部分が痛い状態もあまり変わらず…

・スタンディングデスクで少しPCに向かってみるけど、十五分もしないうちに新患部が痛みだす…歩いてるときと立ちを維持するときで結構ちがう…

・咳込むと新患部に響くのもあまり変わらず…

・座り続けたり立ち続けたりしなければ、日常生活的にはほぼ問題ないのだが、痛みが無い状態にはなかなか到達しない…長いよ…

  • 4/8 (月)

MRIの結果、椎間板ヘルニアと診断されたとです… 半年前に撮ったときは若干始まってるかなくらいの影だったんですが、どうも飛び出てきたようです… 腰椎分離症+腰椎椎間板症+腰椎椎間板ヘルニアの三冠達成。

・神経に届くほどのやつでもないけど、痛みが長引いてるし、サインバルタ飲んでいくことに…

・午後は出社してお仕事したわけですが、座りはやっぱりキツすぎる… あまり集中力はない…

  • 4/9 (火)

・痛みの状態はあまり変わらず… 普通の生活はうっすら痛いもののまあ何とか。座り仕事になると色んな所が色んな痛み方してきてだいぶ辛い状況が続く…

・でもギリ定時までは働く… 今週は昼休み医務室みたいなとこで寝かせてもらえることになったのでそれで乗り切ろうという感じ… 定時内全部働いたのは実はかなり久々だったりする…

  • 4/10 (水)

・午前中出社するも、座ってると痛みが地味に辛い。ものすごく痛むわけではないが、ジンジンと鈍い痛みが継続して全然集中できない感じ… 新患部と読んでた右の尻のあたり。辛かったので午後休にしてしまう…

・家帰って横になってても、薄っすらと痛みを引きずっている感じがある。考えてみれば、昨日久々に(数えると丸々1ヶ月ぶり!?)一日中座り仕事をしたわけで、その反動があってもしょうがないかと思うなど。

・夕方接骨院に行ったが、新患部の痛みとは裏腹に、他の箇所は結構良くなっている印象。仰向けで右足を上げたときに腰の左側が痛む症状がなくなっていた。トータルとしては改善してるみたい。一箇所だけ特に痛むのが消えさえすれば…

  • 4/11 (木)

・昨日より調子がよいため定時まで勤務できた

・昼休みにベッドを借りて横になりストレッチなどができるのでかい

・帰宅後病院に行くが、「仰向けで右足を上げたときに腰が痛む」症状は今日はあった。まだ波がありますね…という感じ。

  • 4/12 (金)

・昨日より調子がよい。1時間くらい残業(調子に乗るな)。仕事溜まってるから…

・帰宅後病院に行くと、「仰向けで右足を上げたときに腰が痛む」は今日はほぼ無かった。歩くのも軽快だった。

・調子は良いが、まだ一日一錠のサインバルタが効いてるのか、良くなっているのかよく分からん。

  • 4/13 (土)

・若干疲労っぽい痛みがうっすらあるものの、ほぼ普通の状態感。

・調子にのってポケモンGOを久々に。タツベイデイだったので… 1時間半くらいフラフラしてたけど思ったより疲れた。うっすら痛みもあったけど、全然問題ない程度。

・帰ってきたら寝てしまったため病院はサボり(調子に乗るな)

  • 4/14 (日)

・バスケを観に行けるくらい元気でした。とはいえ、やはり座って見続けるのは若干不安が残る…

  • 4/15 (月)

・午前中は病院をハシゴして、午後は20時くらいまで早速残業…

・状況変わらず、痛みゼロでは無いけど、まあこなせるといった感じ。

・ずっと座ってると多少痛みが出てくるのも変わらず

  • 4/16 (火)

・一週間副作用無かったので、サインバルタを2錠に増やす

・今日は朝から普通に一日働く。ほぼ座りで、やや旧患部が痛くなる感じはあった

接骨院も一応継続。一日置きくらいでいいかもということで。

・ただ、その後の夜、新患部が若干痛むような感じもある… まだすっきりとは行かなそうな雰囲気がある…

  • 4/17 (水)

・ほぼ問題なし

  • 4/18 (木)

・結局、働きだすと残業しないわけにもいかず、1900ぐらいで多少痛みが出る… うっすらとだけど…

  • 4/19 (金)

・昨日よりもさらに残業。だけど、まあ、大丈夫そうではある。うっすらと痛みは感じるけど…

  • 4/20 (土)

・不安なく髪を切りに行けた

・生活に問題はないけど、薬を飲んでいるにもかかわらずうっすらと痛みを感じるのは大丈夫なのだろうかという不安はある…

YAPC::TOKYO 2019を真面目に聞いてきました

相変わらず聴講者としてですが、YAPC::TOKYO 2019 に行ってきました。沖縄は行かなかったので、YAPC::Fukuoka以来ほぼ2年ぶりのYAPCでした。登壇者の想いがヒシヒシと伝わってくる発表の数々で久々に熱くなってきました。最後は感動の一幕もあり、やっぱりYAPCはいいなあと改めて思いました。すごく楽しかったです。 残念ながら、私自身は「日本人カンファレンス真面目に聞きすぎ問題」の例に漏れずマジメに聞いてただけではありましたが(しかも懇親会も出てない…)、聞かせてもらった発表についてつらつら書いておきます。

2019年冬のPerl

perl_2019_winter - Speaker Deck

5.28や5.30、そしてPerl6といった最近のPerl動向まとめ。もはやこれを聞かないとYAPC感が出ない!ということでしっかり聞かせていただきました。ただ、個人的には、主戦場がCentOS7であり基本5.16から進む予定がしばらく無いので宝の持ち腐れ感は否めないのですが… でもいつかはno dot in @INC (v5.26)問題みたいなことと対峙するかもしれないし、知っておくことは重要ですよね。 そして、毎回出てくる話ですが、CPANコミッタが減っている問題はやはり厳しいようです… 今後どうなるのかなあ… Perl6の時代来るのかなあ… など、遠い目になってみたりしました。

Perl to Go

資料はいつか上げていただけるようです。

Perlを書いてきた人がGoでWebアプリケーションを書くための入門講座的なお話でした。「Goは良い」とよく聞くものの、ほとんど触ったことのない自分にとってありがたすぎるお話でした。Goのメリットや注意点がものすごく分かりやすくまとまっており、Goを書いてみたくなる発表でした。以下、粗メモ、間違ってたらごめんなさい。本物の資料とほぼ同じことなので、資料公開されたら消すかも。

なぜGoか

Webサーバとして見たGo
  • オンプレでなくクラウドでコンテナが当然になり、低スペックをたくさん並べる構成が主流
  • 高速で動作してメモリ効率よい言語が求められる LL言語は分が悪い
  • コンテナサイズ小さい方が良い
  • ランタイムが必要なものは数百MBを超えてしまい避けたい
  • gorutine により自然と効率的にCPU機能を利用できる
CLIツールとして見たGo
  • コンパイル自体が高速なのでLLと遜色ないレベルで簡単にコードを書いて試すことができる
  • ロスコンパイルが容易なのでバイナリを置いとけば良い

Perl Mongerがハマるところ

CPANがない
  • gitがエコシステム
  • インデクサーみたいのがない、ぐぐるとでてくる、探すのが困難
  • github.com で golang + hogehoge で検索
  • Module Indexer を作る予定らしい、CPANぽくなるかも(githubが落ちてもmirrorからDLできるように)
$GOPATHから逃れられない
  • golangの開発はGOPATHの下で行う必要がある
  • あらゆるライブラリがGOPATHの下にある前提
  • Go1.8以降では $HOME/go
  • Go1.12で入る go.modで気にしなくてもよくなるかも
ライブラリの管理方法がむずい
  • masterのHEADを取ってきちゃう、それstableなの?
  • タグ切られてないので心の目で見る必要がある
  • go.mod だと semverを使うようになる、よく使われるライブラリは対応してきている
  • 当面は glide/dep/go mod を使い分ける必要がある
  • go modを覚えましょう
  • まだまだこなれていない感
オーサリングツールがない
  • MinillaとかExtUtils::MakeMaker(古い)みたいなものがない
  • ライブラリの扱いとかでハマっていた
  • しかも今後変わっていく...

GoとPerlの相違点

変数と型
  • camelCase
  • 変数には型があり、一度定義されたら別の型は代入できない
  • 配列とスライスがあり、基本的にはスライスしか使わない
  • perlはハッシュを使うけど、goはstructが使えるのでそっちが基本
関数
  • func () 戻り値 {}
  • camelCaseで書くとprivateになる
  • ...で可変長引数
  • 複数の値を返せる -> Perlっぽい
  • 関数は変数に代入し他の関数に渡すこともできる、無名関数もできる -> javascriptっぽい
  • 関数を引数にしたり戻り値にする場合すべて書く必要があり面倒、型だからしょうがない
エラーハンドリング
  • perl同様例外機構がない
  • 例外を出す場合は panic() -> perlのdie
  • recover()でキャッチ
  • panicは非推奨、致命的なエラーのみ、recover()もない
  • goではエラー値を戻り値で返すことが推奨されている
  • 基本的には最後の戻り値がerrorインターフェース、もしくはboolになるようにする (慣習)
defer
  • defer func()すると現在の関数から抜けるときに func()を実行する
  • perlのScope::Guardみたいなもの
  • 戻り値がないのでdismissのようなことはできない
  • スコープを抜けたときでなく、あくまで関数を抜けたときしか発動しない
  • if や dorの中でdeferを書くと意図しない挙動にならない可能性がある
  • defer file.Close() だと、file.Close() にて発生したエラーをハンドリングできてない
gorutine
  • 理解するには時間がかかる
  • go func() するだけで、別スレッド的なものが走るので並列プログラミングが簡単にできる
  • gorutine同士はchannelでやりとり
  • PerlでいうAnyEvent や Coloと概念はほぼ一緒らしい
context.Context
package
  • Perlと結構違う

追いつかなくなった

制御構文

  • whileなどない
  • 悪名高いswitch ですがcaseのあとにbreakを書かなくてもいい
  • GOTOがある!

その他

  • Struct: Perlのオブジェクトっぽいもの
  • interface 満たすべき関数の定義を書く
  • javaとかと違う、struct側がinterfaceを満たすとコンパイルが通る
  • interfaceに関数いっぱい書くと大変
  • code formatter 結構いっぱいあるので便利

WebAPI作ってみよう

  • net/http を使うことで簡単にWebサーバが立つ
  • Plackやってればわかりやすい?

発表が時間切れ...(残念)


ランチセッション



いつもありがたいランチセッション。今回も無事先着お弁当をいただけました。今半の弁当なんて普段食べないからなあ。

Garuda紹介

使ってみないと何とも言えない感じでしたが… GUI的なツールが必要になったときに、こういうものがあることを知っていることが重要なんだろうなあと思います。

Perlを書いたことがない新卒エンジニアがPerlを書くWebエンジニアとして働いて何を感じたのかを語る

温かい気持ちになるセッションでした。若手でもPerl書いてるんですよ!って。(でもGoへ...)

Perl5の静的解析入門 機械と人間双方の歩み寄りによる平和編

Perl5の静的解析入門 / The static analysis of Perl5 - Speaker Deck

PPR.pmを駆使したPerlコードの静的解析に挑むお話。やはり動的型付け言語の静的解析はハードルが高いということを実感。しかしそこに挑む気概が凄いと思いつつ、この静的解析コードをメンテするのはまた大変そうだなとも思ってしまいました。レベルが高い… そして、やはり最後は双方の歩み寄りは必要になるということで、

印象的な言葉でした… こういう心がけで望めば平和なプロダクトが訪れるわけですね…たぶん…

PerlプログラムでPerlプログラムを修正する方法

Perl プログラムで Perl プログラムを 修正する方法 - HackMD
このスライドいいなあ… hackmd.ioってのがあるんだ、知らなかった。

PPI.pmでPerlコードの把握・変更ができるので、ダメなところを自動で直せたら嬉しいよね。さてじゃあどこがダメなところなの?を特定することがやはり大変ということを、対応事例などを交え見せていただけた感じ。一つ前のお話と通じるものがありました。CPANなどをうまく使って開発プロセスの一助とする姿勢を見習いたいです。本番環境でなければ、たとえPerlが古かろうが、Dockerなどでうまく対応できるわけだし。うん、見習おう。

レガシーPerlビルド 〜現代に蘇るPerl[1-5].0とPerl6〜

レガシーPerlビルド ~現代に蘇るPerl[1-2].0とPerl6~ - Speaker Deck

歴代Perlを現代の環境で動かそうという考古学?でした。情熱が凄い。1987年のコードがGithubから簡単に取れるとか、古いPerlの方がビルド簡単だったりするとか、PerlのビルドにPerlがいるとか、無駄な興味深い知見をたくさんもらえた。何より、話す方も聞く方もみんな楽しげですごく良かった。普通に聞き入ってしまいました。

WebVRで作品を作って展示しよう

blog.sushi.money

WebVRの話が主ではありますが、「面白いものを作る」という情熱が淡々とした語りの中に感じられてすごくよかった。正直、WebVRの有効活用ってなかなか難しいなあと思っていたんですが、シンプルに面白いもの作る、だけでも十分価値出るんだよなあと反省しました。Unity挫折気味おじさんですが、A-Frameのチュートリアルだけはとりあえずやってみたい。

実演 サーバレスPerl - 顔認識データを扱おう

実演サーバレスPerl.pptx - Microsoft PowerPoint Online
Azureの発表はパワポオンライン。

Microsoft Azure FunctionsでPerlのサーバレスができることを実証するお話。構成の細かいところは理解できていませんが、とにかくAzureでもPerl使えるんやぞと。shを噛ませるオーバーヘッドは大きそうですが… そして20分でライブコーディングもといライブ環境構築をするのは大変すぎるなと思いました。やはり「さて、こちらに完成したものがあります」は重要。 ちなみに、この発表内容は WEB+DB PRESS 2019年2月号 に載るそうです。興味ある方はそちらも必見です。

レガシーPerlと、Perlのこれから

20190126_YAPC_TOKYO.pdf - Speaker Deck

平成ネット史ならぬ、平成Perl史的なお話でした。聴講者から沸き起こる「懐かしい!」「あったなあ!」的な声が印象的でした。しかし、話の中には「え…それまだ使ってるんですが…」的な部分があり、個人的には心穏やかではない部分もありました… レガシーでも、そのままで十分なものは残してもいいと思うものの、ノーチャレンジになるのはよくないし… Dockerに封じ込めるとかそういう対応はすごく良いんだろうなあと。ケースバイケースではあるけど… と、懐かしさと、なんかいろいろと言葉にならない気持ちが渦巻いてしまいました。

10年モノ熟成Perlその後

資料は後ほどアップされるようです。

YAPC::Hokkaidで印象深かったのでよく覚えていたお話のその2年後談。どうなったのかなあと期待していましたが…

ここまで基本的には問題なく動いてきて利益出してるものを安々と変えられない事情はすごくわかる… リソースとの兼ね合いもあるし… どうしても超えられない限界が来たときにリプレースを検討することになりがち… 熟成感はこれからも深まっていくのでしょう…

Perlコミュニティへの報恩感謝

平成ネット史ならぬ、平成Perlコミュニティ史って感じでした。あれ?デジャブかな?

CPANモジュールに必要なものが無ければ作るし、使いづらいと思えば作り直すし、やろうと思ったらみんなで面白がりながら全力でやる、そんな繰り返しでPerlコミュニティができあがっていったんだなあと。主なコミュニティメンバーのアイコンが集結した最後のスライドは感動ものでした… 

私自身はコミュニティには全く貢献してないし、ちょっとPerl使ってるってだけでYAPCに来るようになり、基本的には聞いてるだけで、冒頭にも書きましたが「日本人カンファレンス真面目に聞きすぎ問題」の代表例な自覚もあり、耳が痛い感じもありました。ただ、それで気負いすぎず、まずはブログ書くところからやっていきたいと思いますなう。Perlだけでなく、OSSへの関わり方を一歩ずつ深めていきたいと感じました。頑張ろう。

まとめ

ということで、書き残しておきたい気持ちがでてきてしまったので、長めに失礼いたしました。あまり恩に報いれている気はしないのですが、少なくとも参加してブログ書くだけはしたぞということで…

今回改めて感じたのは、Perlの歴史の長さでした。Perl1.0を蘇らせる話からPerl周りの技術・コミュニティ発展の歴史が感じられる発表、一方でVRだったり、若い人がPerlを学ぶ話があったりと、このカンファレンスの中で時代を駆けていく感がすごかったなあと。歴史があり、かつコミュニティが長く活発に動いているからこそできる場なんだろうなあと思いました。Perl言語の人気自体は衰退していく状況はなかなか覆らない気はしますが、適材適所の役割が確実にあり、細くなるかもしれないけど、これからもまだまだ続いていくんだろうなという気がしました。なんか壮大だな。

まあ、大層な話は置いといて、参加しただけでも十分楽しかったですし、熱気がすごくて気持ちのいいカンファレンスでした。スタッフ・スポンサーの皆様には本当に感謝したいです、ありがとうございました。

おまけ

note.mu

あと、twitterで見かけたこの手書きメモすごいなあと。似顔絵付きで非常にイメージしやすいだけでなく、メモとしても要点がすごく上手くまとまっているんですよね。こういうカンファレンスに行くたび、その場でうまくメモとりたいなあと思うんですが、聞きつつ考えたりしてるとどうもうまく行かない… 絵も加えながらこのメモが書けるって凄いなあとただただ関心してました。記事書くにあたり、参考にさせていただきました。メモうまくなりたいな…

センター試験からの1000tar試験

学生の皆様、そして各会場の関係者の皆様も、センター試験お疲れ様でした。私にとっては遥か昔の出来事なので、どのくらい大変だったかもはや思い出せなくなっております。そんな他人事としてセンター試験を眺めている中で、『1000tar試験』という糞なダジャレを思いついてしまいました。せっかくなので、センター試験後の息抜きに1000tar試験はいかがでしょうか。(1スベリ)

1000tar試験 問題

GitHub - hijili/1000tar_test: joke of National Center Test

問題を作って確認するスクリプトは一応ここにあります。動くかわかりませんが。

問1

0001.tar ... 1000.tar がある。解凍(解答)せよ。(2スベリ)
なお、tarには同名のtxtファイルが1つだけ含まれていることが分かっている。
$ ls -1 q1
0001.tar
0002.tar
  : 
1000.tar

問2

0001.tar ... 1000.tar がある。解凍せよ。同時に、tarでないファイルを特定し削除せよ。
なお、tarには同名のtxtファイルが1つだけ含まれていることが分かっている。

問3

0001.tar ... 1000.tar がある。解凍せよ。
ただし、tarファイルの中身は不明であることに注意せよ。

解答

問1

まあ、ただのfor文の使い方だけですね。1tarが1txtだと書いてあるのでこんなもんでよいでしょう。

for i in {0001..1000}; do
    tar xf $i.tar
done

問2

内容としては大して変わってませんが。

for i in {0001..1000}; do
    tar xf $i.tar &>/dev/null || echo "$i.tar is illegal" && rm $i.tar
done

tarかどうかチェックする方法もありますが、エラーが返ったら消す、だけでもこの場合いいでしょう。別のエラーが混ざるかもしれませんけど…

問3

問1の段階でやっとけよという話ですが…

for i in {0001..1000}; do
    mkdir -p ${i}dir
    tar xfk $i.tar -C ./${i}dir
done

得体の知れないtarファイルを解凍する場合は、同名ファイルを上書きしない -k オプションをつけたり、解凍先ディレクトリを分けるべきです。このtarの中には、重複して上書きされてしまうファイルがいくつも混ざっていました。

終わりですがなにか?

Q1. この内容なら1000個もtar要らなくね?

要らないけどそれじゃダジャレにならんやろがい!!

Q2. 内容薄くない?

そもそも『1000tar試験』ってダジャレがちょっと浮かんだだけでここまでやったんだから十分やろがいボケェ!!

Q3. 間違ってない?

細かいことは気にせず自分のできることをやれ!!

Q4. ひょっとしてゾンビランドサガの巽さん意識してない?

ちょうど観たばかりで影響受けまくってます。

以上です

1000tar(センター)と解凍(解答)がかかってて面白いと思っただけなんです。 それにしても問題作るって大変ですね。その苦労を思えばニンジンに羽を生やすくらいの自由はいいのではないかと感じました。

あ、あとWindowsのキミ!シェルスクリプトとか関係ないなんて思わないで!Windows Subsystem for Linuxでも試せっから(10なら)!ぜひやってみてくれよな!zipとかでも同じことできるからな!!

Windowsのパッケージ管理(chocolatey)とかレジストリ周りの初期設定をPowerShellスクリプトにまとめる

やりたかったこと

  • 新しいノートPC買ったとか、ディスククリーンインストールしたときのアプリ初期インストール作業がめんどい
  • chocolateyでパッケージ管理するにしてもコマンド忘れちゃうので毎回ぐぐるのめんどい
  • 最初しかやらないレジストリ変更とかもすぐ忘れちゃうので毎回ぐぐるのめんどい
  • Linuxならbashyum(dnf, apt-get)で簡単にできるのにぃぃ

的な悩みをPowerShellで解決したかった。chocolateyって何?って人はGoogle先生に聞いてね!

スクリプト

無駄なコードもありますが、個人用途なので適当にこんな感じで作りました。参考にしたURLは "ref :" で記述しておりますので、合わせてご参考まで。

function install_choco {
    # install chocolatey: ref https://chocolatey.org/docs/installation
    try {
        iex ((New-Object System.Net.WebClient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))
        SET "PATH=%PATH%;%ALLUSERSPROFILE%\chocolatey\bin"
    }
    catch {
        Write-Error("なんかエラー: " + $_.Exception)
    }
}

# インストール対象リスト
$softwares = @("dropbox", "googlejapaneseinput",
    "terapad", "visualstudiocode", # editor
    "googlechrome", "firefox",     # browser
    "virtualbox", "libreoffice",   # other
    "thunderbird",                 # mailer
    "unity", "blender"             # VR
)
function install_softwares_by_choco {
    $excludes = @("terapad") # 今は一旦様子見であとで入れようかなとか(上から消せばいいんだけども)
    foreach ($soft in $softwares) {
        if ($excludes.Contains($soft)) { continue; }
        Write-Output("[INFO] exec: cinst -y $soft")
        cinst -y $soft
    }
}
function update_all_by_choco {
    $excludes = @("unity", "blender") # まとめてバージョンアップされてほしくないとか
    $opt = $excludes -join ","
    Write-Output("[INFO] exec: choco upgrade -y all --except=$opt")
    choco upgrade -y all --except="$opt"
}

function setup_configs {
    # CapsとCtlの入れ替え
    # ref: https://mk-55.hatenablog.com/entry/2015/10/15/020000
    Write-Output("[INFO] modify registory: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout")
    Set-ItemProperty `
        "Registry::HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout" `
        -name "Scancode Map" -value (`
            0x00, 0x00, 0x00, 0x00,
        0x00, 0x00, 0x00, 0x00,
        0x02, 0x00, 0x00, 0x00,
        0x1D, 0x00, 0x3A, 0x00,
        0x00, 0x00, 0x00, 0x00 `
    ) -type binary

    # デスクトップアイコンの縦の間隔
    Write-Output("[INFO] modify registory: HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop\WindowMetrics")
    # ref: https://kazooblogging.com/windows10-iconspace/
    Set-ItemProperty "Registry::HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop\WindowMetrics" `
        -name "IconVerticalSpacing" -value (-1030) -type string
    # デスクトップアイコンの横の間隔
    Set-ItemProperty "Registry::HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop\WindowMetrics" `
        -name "IconSpacing" -value (-1030) -type string

    # Windows Subsysten Linuxの有効化
    # https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/install-win10
    Write-Output("[INFO] enable windows subsystem linux")
    Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

    Write-Output("[INFO] You need to reboot.")
}

### main
# debug
#Set-PSDebug -Trace 1

# 管理者権限チェック ref: https://qiita.com/skkzsh/items/5e03bb7792629927acfa
if (! ([Security.Principal.WindowsPrincipal] [Security.Principal.WindowsIdentity]::GetCurrent()).IsInRole(`
            [Security.Principal.WindowsBuiltInRole] "Administrator")) {
    Write-Warning "You need admin permission..."
    Read-Host "press enter to exit this script"
    exit 0
}

# 引数渡されたらその動作をする、渡されなければ入力を要求する
$acceptable_mode = "init|install|update|config"
if ($Args[0] -match "^($acceptable_mode)$") {
    $mode = $Args[0]
}
else {
    $mode = Read-Host "Input mode: {$acceptable_mode} "
}
switch ($mode) {
    "init" { install_choco }
    "install" { install_softwares_by_choco }
    "update" { update_all_by_choco }
    "config" { setup_configs }
    default { Write-Warning "unexpected mode: $mode" }
}

# エラーとか出がちなので、実行後、勝手にウインドウが閉じないように
Read-Host "press enter to exit this script"

これを setup.ps1 とかで保存して、管理者権限で開いたPowerShellにて

$ powershell -NoProfile -ExecutionPolicy Unrestricted .\setup.ps1 init
$ powershell -NoProfile -ExecutionPolicy Unrestricted .\setup.ps1 install
$ powershell -NoProfile -ExecutionPolicy Unrestricted .\setup.ps1 config

とかやれば、

  • chocolateyのインストール
  • (ぼくの)主要ソフトウェアのインストール
  • CapsとCtlの入れ替え
  • デスクトップのアイコン間隔の設定(狭くしてます)
  • Windows Subsystem Linuxの有効化

あたりが一気にできます。めでたしめでたし。

GUIで実行したいんや

せっかくなのでマウスでポチポチするだけで実行したいという気持ちもありますが、Windowsのデフォルト設定では簡単に行かないんですよね… 以下の記事様に分かりやすくまとまっていました。

qiita.com

セキュリティ的な制約なので、デフォルトポリシーは変えたくない、でもGUIで実行したい… というバランスを考えたときに、以下の方法に落ち着きました。

cd /d %~dp0
powershell -NoProfile -ExecutionPolicy Unrestricted .\setup.ps1
pause > nul
exit /B 0

これを executor.bat として保存しsetup.ps1と同じディレクトに置きます。そして、executor.bat を「右クリック」→「管理者権限で実行」することで、setup.ps1を管理者権限で実行できます。この場合は何を実行するか入力する必要がありますが。めでたしめでたし。

※pauseしてるのはやはりデバッグとかエラーが閉じないように… ps1と二重でやってるのがあれですが…

初期設定まだなのにどっから取ってくんだよこれ

私の場合は、Dropboxにこれらスクリプトを入れておき、EdgeでWebUIにログインして取ってきたりしてます。でもそれもめんどいので、今ブログに書きました。ログイン不要だけどコピペが必要…さてどっちが楽かな…

2018振り返り

ついにエンジニア限界の35歳になってしまった2018年、いろいろと辛みがあり、単純な現状維持にも難しさが出てくるんだなと実感してしまった年でした。これは振り返らざるを得ないということで、twilogを眺めながら簡単に振り返ってみようかと思います。別に誰に向けてのものでもないです。
ちなみに、あまり明確な目標を掲げずダラっと生きてしまっている私ですが、2018年当初は

  • VR方面でなんか開発できるようになりたい
  • なんでもいいから発表できる側に回れるようにしたい

と漠然と考えていましたが、見事に達成できてません。もともと漠然としていて具体性ないし…体調面もありますが…うーむ…本気度が低すぎたことに尽きます…

振り返り

twilogを見ながら、行ったカンファレンスとか、テック系トピックとか、自身の不調など、トピックを適当に書いてみます、長くなりそう。

1月

2月

3月

4月

  • 地味に痛みが続き、整体に通いつつだましだまし働く日々...

5月

6月

  • 造影剤CTまでやって腎結石による血尿だろうという診断、安心する
  • マイクロソフトが謎のIT企業 "ギットハブ" の買収を発表しザワザワする
  • JSONという聞いたこともない奇妙な拡張子にザワザワする
  • シマンテック証明書の無効化対応として、三菱UFJオレオレ証明書のインストールを要求しザワザワする
  • Coinhiveで逮捕者が出て憤る
  • ZOZOSUITでZOZO立ちを決める

7月

  • W杯盛り上がる
  • 思い出したようにVR開発をちょっとやってみはじめる
  • July Tech Festa 2018

8月

  • サマータイム導入検討でザワザワする
  • 地味にVR開発を続けるがあまり進展しない
  • 引き続き腰が痛いためMRI検査してみたところ腰椎分離症に加えて腰椎椎間板症とヘルニアの初期段階であることがわかる

9月

  • builderscon tokyo 2018
  • 東京ゲームショウに初めて行く
  • 腎結石が全く排出される様子がなく(それ自体は別に問題ないけど)血尿がちょくちょく出るので体外衝撃波結石破砕を勧められる
  • 腰痛がようやく落ち着く

10月

  • PSVRのASTRO BOTに感動する
  • MANABIYA(3月のリベンジ)
  • 腰痛根本改善のためにジム通いを初めてみたものの3回目で腰痛が悪化する
  • IBMRed Hat買収を発表

11月

  • 左のかかとだけ違和感レベルの軽い痛みが出て継続中
  • いきものがかり集牧!
  • shownet.conf_
  • 証明書切れ事件その2:うんこボタンのサーバ証明書期限切れにより機器の更新が不可能になり全品回収
  • 悪化した腰痛がおおむね回復

12月

twitter振り返ってみて

ながいよ、疲れた。年あけちゃったよ。中途半端なピックアップですが、感じたことを少し。

どっかしら微妙に痛い期間がほとんどだった

やっぱ辛かった。不運な面もあるけど、多分に体を動かさなさすぎたことが反省としてあります。その一方で、いざ動かしてみたら悪化したので、体の維持が難しくなってるなあと言わざるを得ない。この先もエンジニア的な仕事を続けるためには、最優先で対処すべき課題だと考えております。

証明書系の話題が多かった(やや恣意的にピックアップしましたが)

TLS化がほぼ必須になってきた昨今、証明書周りの問題は今後も引き続き起こりそうです。期限チェックや更新の運用などしっかりやらないといけないし、そもそも論として証明書の内容の細かい部分など抑えてないところもあるので、常識として使いこなせるようにしないといけないよなあと再認識させられました。

暗号通貨("暗号資産"呼びに統一すんの?)は2018年後半はなりを潜めたか

GOX事件もあり価値がだいぶ下がったので、話題も下火気味ですが… 某ポッドキャストの受け売りですが、Coinhiveみたいな仕組みは新しい広告の形になりえるものだと思うので、うまく安定的に利用できるものになればいいなあと… 引き続き動向は注視していきたいですね。

VR界隈の話題は事欠かなかった(あまり書いてないけど)

常時VR元年というほどガンガン進化している感じですが、一般層への普及は今ひとつという感じですね。個人的な開発自体は停滞気味ですが、少なくともユーザーとしては積極的に触って楽しみたいと思っております。商品としてはOculus Questと、Blenderアバターづくりをもう一度やりたいかなという気持ちはあります。

あと、上の項目には書かれてないけど、自分のTLを眺めていった結果、

  • 自分の日本語のヘタさ酷い
  • 「あとよむ」はたいてい読んでない
  • こち亀の未来予測すごい

という点が気になるところでした。120文字でも油断せずわかりやすい日本語を書きたい。あとで読まずにすぐ読む。は今年の小さな目標ですかね… そして、こち亀の凄さ。今年起きたいろんなことが、過去のこち亀で出てきた話だった。秋本先生凄すぎ。やっぱり電子書籍で全巻セット買っちゃおうかな…と思うなど。

おわりに

という感じで振り返ってみたんですが、予想以上に時間を取ってしまったのでこのへんで… 明確な目標とか出てませんが… とにもかくにも、2019年もよろしくお願いいたします。もう少し更新しないとなあという気はしている…