スベリミナル効果

技術的なことを書こうと思ってたけど何でも書くことにします


通常用

ふざけ用
何でもコメントください。誤り指摘コメントなどには「コメン(ゴメン)」ト誤ります(1スベリ)
ダジャレ好きの方はこちらにどうぞ(更新してないけど)→スベリブログ2.0

『Linuxのしくみ』を読みました

OSCにて、著者様ご本人から直接売って頂いた『Linuxのしくみ』ですが、読むの遅くてモタモタしてましたが無事読み終わりましたので軽く感想など書かせていただければと思います。遅かったのは花粉症とMHWのせいだ。

[試して理解]Linuxのしくみ ~実験と図解で学ぶOSとハードウェアの基礎知識

[試して理解]Linuxのしくみ ~実験と図解で学ぶOSとハードウェアの基礎知識

読んだ人

  • Linux触り出してそろそろ10年目(マジかウソだろおい…)
  • だいぶ前に職場でカーネル2.6解読室とかの輪講とかはやってたけど「お、おう」くらいな理解度だった
  • Kernelのコードまで読んだ経験はあまり無い
  • 難易度の高くないLAMP周りをボチボチ(高負荷になることが無い簡素なUIとか)
  • iptablesとかnetfilter周りをボチボチ
  • OSSVPN繋ぐとかボチボチ

微妙なスペックという自負があります。そんな私にはすごくためになった。試すの大事。

全体的に

前提知識が僅かにあったことはあると思いますが、「分かりやすっ!」というのが全体的な印象でした。前書きにも書かれていたとおり、図表を用いて簡潔に説明してもらえるのが凄く良いです。それこそ昔読んだカーネル解読室とかは、図がソースコードの構造体ベースで書かれてたりしてなかなかピンと来なかった記憶があります(ゴメンナサイ、7年前当時ということもありますが…)。

知らないことを理解するには、まず全体像・概要を掴んでから詳細に進むのが近道だと思うので、そういう意味で「まずはこの本読んでおこうか」と勧められる本ではないでしょうか。と言っても、課題意識が無いと頭に入らないので、Linuxのトラブルに悩まされ始めたあたりでそっと横に置いておき、自発的に読んでもらえると「おお、なるほどおお」ってなるんじゃないかなあと。私もその頃に読みたかったこれ。

また、5章以降はLinuxを長く触っていても「へー」となる内容がサラッと沢山書いてあります(10年やってたら常識やろ、と怒られるかもしれませんが…)。読むだけなら時間はかからないので、サッと読んでみるだけでも損はしない内容です、たぶん。初学者はもちろん、タラタラやってきた中堅にもビシっと響くポイントがあると思います。

以下、ちょろちょろ試してて思った細かい点をいくつか。

4章 プロセススケジューラ

プロット

みんなこういうのどうやってプロットするのかしら。僕はgnuplotくらいしか知らんけど… plotの仕方は目的じゃないから簡単にプロットできる方法があるといいかなあと思いました。取り急ぎクソコード置いときます。

#!/bin/bash

plot1() {
        file=$1; [ ! -e "$file" ] && { echo "file doesn't exist!"; exit -1; }
        gnuplot -e "set ytic 1; plot \"$file\" u 2:1 w p pt 6; pause -1"
}

plot2() {
        file=$1; [ ! -e "$file" ] && { echo "file doesn't exist!"; exit -1; }
        gnuplot -e "plot \"< grep ^0 $file\" u 2:3 w p, \"< grep ^1 $file\" u 2:3 w p, \"< grep ^2 $file\" u 2:3 w p, \"< grep ^3 $file\" u 2:3 w p; pause -1"
}

case "$1" in
        p1|plot1) plot1 $2 ;;
        p2|plot2) plot2 $2 ;;
        *) echo "usage: $0 plot1|plot2 filename"; exit 1;;
esac
$ yum install gnuplot
$ ./myplot.sh p2 1core-2process.txt 

6章 記憶階層

結果が合わない!?

ここまでは概ね同じ結果を得られていましたが、 P.183「ファイル書き込みの実験」であれ?ってなりました。

$ dd if=/dev/zero of=testfile bs=1M count=1K oflag=direct
1024+0 レコード入力
1024+0 レコード出力
1073741824 バイト (1.1 GB) コピーされました、 2.21413 秒、 485 MB/秒
$ dd if=/dev/zero of=testfile bs=1M count=1K 
1024+0 レコード入力
1024+0 レコード出力
1073741824 バイト (1.1 GB) コピーされました、 1.20976 秒、 888 MB/秒

おや、directの有無で本に書かれているほどの差(8倍界王拳)が出ないなあと。sarを見てみると...

$ sar -B 1
   :
011539秒  pgpgin/s pgpgout/s   fault/s  majflt/s  pgfree/s pgscank/s pgscand/s pgsteal/s    %vmeff
011540秒      0.00      0.00     32.67      0.00   1225.74      0.00      0.00      0.00      0.00
011541秒      0.00      0.00     27.00      0.00   1243.00      0.00      0.00      0.00      0.00
011542秒      0.00      0.00     25.00      0.00  22725.00      0.00      0.00      0.00      0.00
★ oflag=directあり実行時 1GBがすぐにページアウト
011543秒      0.00  58373.00    540.00      0.00   2711.00      0.00      0.00      0.00      0.00
011544秒      0.00 323584.00     18.00      0.00   1349.00      0.00      0.00      0.00      0.00
011545秒      0.00 580608.00     28.00      0.00    936.00      0.00      0.00      0.00      0.00
011546秒      0.00  85164.36   1950.50      0.00   3528.71      0.00      0.00      0.00      0.00
011547秒      0.00      0.00     17.82      0.00   1337.62      0.00      0.00      0.00      0.00
011548秒      0.00      0.00     17.82      0.00    890.10      0.00      0.00      0.00      0.00
   :

011551秒      0.00      0.00     18.00      0.00    900.00      0.00      0.00      0.00      0.00
011552秒      0.00      0.00     16.82      0.00   1261.68      0.00      0.00      0.00      0.00
★ oflag=direct なし実行時 部分的にすぐページアウト、その後じわりとページアウト
011553秒      0.00 106512.00    541.00      0.00   2237.00      0.00      0.00      0.00      0.00
011554秒      0.00 256000.00     18.00      0.00   2021.00      0.00      0.00      0.00      0.00
011555秒      0.00 299168.63     27.45      0.00   1317.65      0.00      0.00      0.00      0.00
011556秒      0.00 131072.00   1998.00      0.00   3093.00      0.00      0.00      0.00      0.00
011557秒      0.00      0.00     18.00      0.00   2309.00      0.00      0.00      0.00      0.00
011558秒      0.00     73.53     17.65      0.00    882.35      0.00      0.00      0.00      0.00
011559秒      0.00      0.00     18.63      0.00   2331.37      0.00      0.00      0.00      0.00
011600秒      0.00      0.00     17.65      0.00   1540.20      0.00      0.00      0.00      0.00
011601秒      0.00  86016.00     26.00      0.00   2037.00      0.00      0.00      0.00      0.00
011602秒      0.00 163840.00     18.00      0.00   2402.00      0.00      0.00      0.00      0.00
011603秒      0.00      0.00     18.00      0.00   1569.00      0.00      0.00      0.00      0.00
011604秒      0.00      0.00     18.00      0.00   2075.00      0.00      0.00      0.00      0.00
011605秒      0.00      0.00     26.67      0.00   1099.05      0.00      0.00      0.00      0.00

ページキャッシュすぐ吐き出されてるなあ…なんでや… と、わりと悩んでしまいました… うん、メモリ4GBしか無かってん。非推奨と言われつつ仮想マシンの4GBメモリ割り当てLinuxでやってたので…

$ free -m
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:           3790         750        1392           1        1647        2763
Swap:          3275           0        3275

ちょっと追加で調べると、Linuxは空きメモリ全部をページキャッシュ候補とすると。その前提で、本に載ってるパラメータ vm.dirty_xxx を考えなきゃアカンと。 /proc/vmstat を見ると現状の具体的なしきい値が分かります。

$ sysctl -a |grep vm.dirty
 :
vm.dirty_background_bytes = 0
vm.dirty_background_ratio = 10
vm.dirty_bytes = 0
vm.dirty_expire_centisecs = 3000
vm.dirty_ratio = 30 ★私の環境では30でした
vm.dirty_writeback_centisecs = 500
$ cat /proc/vmstat  |grep nr_dirt
nr_dirty 3
nr_dirtied 266252
nr_dirty_threshold 210895 ★この値はページ数なので、この値×4KBを超えると吐き出すわけですね
nr_dirty_background_threshold 70298

要は、私の環境では、ページキャッシュが800MBを超えてくるとすぐにページアウトするため、そのIO時間がかかってしまうわけですね。じゃあratio上げて1GBが収まればいいわけだと。

$ sudo sysctl -w vm.dirty_ratio=90
vm.dirty_ratio = 90
$ dd if=/dev/zero of=testfile bs=1M count=1K 
1024+0 レコード入力
1024+0 レコード出力
1073741824 バイト (1.1 GB) コピーされました、 0.3842 秒、 2.8 GB/秒

まあまあ近くなりました。やっぱ人権のある環境は実験結果も違うんだなー・・・

cybozushiki.cybozu.co.jp



とまあ、それはただの妬みとして、こんな感じでちょっと違う結果が出て、なんでだろ~ってなることがやっぱ重要だなあと(往々にしてそのままになりがちだけど…)。こういう罠(今日日の4GBは罠じゃないだろ)的な演習がちょいちょい仕込まれてるのもいいかもしれないですね。輪講とかやるなら特に。

7章 ファイルシステム

ファイルシステムは自分が関わらない所で決まってたのであまり調べたことが無く、知らないことがたくさんあって勉強になりました。Brtfs推し感が強いです(笑

P.215 まずは適当なパーティションを用意しましょう

8章でも流れでしれっと出てきますが、mkfsできる適当なパーティションって皆さん常備されてるもの?MOCO`S キッチンでサラッと出てくる、聞いたこと無い野菜やオイルのような印象を受ける人もいるかもと感じましたが・・・私だけ・・・?素人すぎ?

そんなわけで、8章とかはとりあえずVMの仮想デバイスで軽く試してみました。概ね傾向は同じだったけど、たまに うちゅうの ほうそくが みだれる 感じになった。けど・・・深掘りしてません・・・

誤記的なこと

HDDセクタ4096KBは・・・すごく・・・大きいです・・・

  • P.235 4行目 「使ってください。。」

"。"が一個余分。こまけー。

他見つけたのは正誤表に載っていました。

linuxのしくみのご意見集 - Google スプレッドシート

終わりに

大抵積読になりがちな私ですが、なんだかんだ大体試してしまいました。意外と副次的に学びがあったのは sar の使い方とかだったりします。何だかんだあんまり使ってなかったり、決まったオプションしか覚えてないとかだったので…(アカン)

後輩から聞かれても「さあ…」って感じでしたし。(これが言いたかっただけ1スベリ)

これでいざ必要なときに sar が使えなくて顔がサーッと青くなることも無くなりますね!(笑いの統計情報が0に張り付く2スベリ)


ついダジャレ言うの忘れちゃうから最後に言っておいた。どうもスイマセンでした。

参考リンクなど

ページキャッシュ周りでお世話になりました

Linuxにおけるメモリ管理 - MogLog
Linuxページキャッシュの設定を変更してWrite I/Oをチューニングしたメモ - YOMON8.NET
いまさら聞けないLinuxとメモリの基礎&vmstatの詳しい使い方 - Qiita

オープンソースカンファレンス 2018 Tokyo/Spring に行ってきました

あいかわらずカンファレンス訪問記録ブログです。今回はオープンソースカンファレンスに初めて行ってきました。業務上、Linuxガッツリ、その中でも様々なOSSガッツリ使ってる感じなのにこのカンファレンスを全然把握してませんでした… 結構長い歴史のあるカンファレンスなはずなんですけどねえ… どこ見てたんですかねえ…

2/23(金),24(土)の2days、しかも少し遠めの多摩ということでしたが、せっかくなので両日全部出たろ、と有休とって金曜から参加しました。色々見聞きしたことをザックリ書かせていただこうと思います。発表資料は、上にリンクしたカンファレンスページに上がるものと上がらないものがあるようです。

買い物

いや、いきなり買い物の話かよ!って感じですが。今回の目的の一つに「Linuxのしくみ」を購入することもあったのです。前々からよくTwitterを拝見させてもらっていた@satさんが書かれたLinuxの本で、発売前から評判が良く絶対買おうと思っていたところ、著者ご本人が直接販売されるということで。

初日で売り切れるという盛況ぶりだったようで、早く行って早く買ってよかった!まだ全部読んでないので感想はまたのちほど・・・スミマセン・・・

しかし、これだけでは終わらない。オライリーさんも消費税8%+10% OFFというセールをやっており、さらに5000円以上購入すると数量限定の福袋がもらえるということで。いきなり荷物重くなるなあと思いつつ、初日の午前中に2冊購入。その結果。

なんかこれだけで、ぼく、マンゾク。って感じでした。他にも、スタンプラリーでメッシュポーチ貰えたり、ただお話を聞きに行っただけでノベルティ貰えたり、逆に申し訳なくなるくらいでした。いやあ、いいイベントでした。めでたしめでたし。




いや、終わらすな!

SDN関連

SDNについては、仕事柄知っておくべき知識であり興味はあるものの、正直全くキャッチアップできておらず触ったこともない状態です。そんな中で、OSSなネットワークスイッチ周りのSDN漫談や、Lagopusという日本発のスイッチOSなどのお話を聞きました。今のトレンドとかこれからの展望などが聞けて、なるほどそういう感じなのかー、と聞いてるときは納得した感じだったのですが、帰ってきて振り返ってみると結局よく分からんという・・・

単純にネットワークOSの定義って何?的なトコから、OpenFlowとかOpenDayLightとかOpenStackとか、今ひとつ構成が見えてこないなあと。やっぱ触ってみないと話にならないなあと(あたりめーだ 

今回聞いたお話や、さらっとおググりした感触としては、まだ色々な仕組みが出てきていて様々なパターンの構成が存在しており、徐々に整備されてきそうな予感がし始めた…?というところでしょうか(曖昧 いずれにせよ今後も進化が続く分野なので触手を伸ばさなければと改めて思いました。

Linux関連

こう括ってしまうのは微妙かもしれませんが。Web環境としてのLinuxチューニング、Linux-HAを使ったクラスタシステム、独自ディストリビューションの開発といった話を聞きました。このあたりは業務上似たような境遇の部分もあり、ウンウン頷いて聞ける部分もありましたが、知らない話も多く、メインポジションでも守備範囲足りてないなあと反省しました。

その中でも印象深かったのは、"LAMP環境をメモリ2GBで爆速させる方法"という、OSSのアップデートをガンガンしていくことでパフォーマンスを上げていくお話にて「枯渇技術が安定しているという神話が崩れ始めている」というお言葉があり、肝に銘じたいと思いました・・・

いや、安定させることはすごく重要なんですけど、アップデートを止めて安定させるというのは改善機会を捨ててしまっているわけで・・・品質が不安なら、アップデートかけつつ品質担保するためにどうすればいいかを考えるべきなんだよなあと。 ちょうどSpectre/MeltDownの話でも、継続的にアプデせいとおこになってる記事も見かけたので… LinuxコアメンバーによるMeltdownとSpectre 対応状況の説明 (1/19更新) - Qiita

とはいえ…お客様先オンプレだったりすると…とか…色々考えさせられました、はい。とりあえずCentOSだけじゃなくFedoraも使おうっと。

ライセンス関連

聞けたのは日立さんのお話だけでしたが、いくつかライセンス周りのお話がありました(一部遅刻して聞けなかった)。このあたりは(私は直接担当してないものの)同じ苦労があり、愚直にやると恐ろしく大変という印象しかありません・・・ 複雑化しているOSSのライセンス周りを適切に運用するルールや指標、標準化などのお話でしたが、個人的にはもっと自動化されたチェックができる世界になってほしいところです。dnf(yum)やaptのようなパッケージマネージャで管理できているものは何とかなりそうですが、OSSサプライチェーンとなるとなかなか難しいんだなあと。全然ノーアイデアですが・・・

印象的だったのは、聞き終わった聴講者の方が『みんな同じ苦労してんだなあ』としみじみ言っていたことですね。解決できたら皆ハッピーなんだろうけど・・・なんとか上手くできないかな・・・

その他

BIND関連多くて笑いました。一個しか聞けてないけど、権威サーバとキャシュサーバ兼用だとなかなか選択肢が…というところの解決策はまだ難しいという感触でした。 IoT、WAFやブロックチェーン関連など、昨今のトレンド的な話も興味深く聞かせて頂きました。 LT大会はジャンル多様すぎですね。それに対してみんな理解して笑ってるところがすごい。そんな中にもチラッと現れるエディタ戦争。

これはどこのカンファレンスでも出てくる共通ネタだなと思いました(どうでもいい感想)

総括

OSSって、幅広っ!(リューク


当然っちゃあ当然なんですが、"OSS"で括ったらそりゃ広いですよね。ユーザとして、インテグレーターとして、エンジニアとして、趣味として、色々なロールの人がごった返しつつ、一個のイベントとしてドカンと成立してるのはすごいなあと感じました。Perl系カンファレンスと言いつつPHPとかRubyの話の方が多いなんてことはよくありましたがw、ここまでビックリ箱的なカンファレンスはあまり無いんじゃないでしょうか。

各展示ブースでは色んなものを色んな人たちが紹介していてカオスといえばカオスな感はありましたが、そういう中で、あっそういうのもあるのね、とか、あっそれイイね、的な化学反応が起きながら続いてきてるんだろうなあと。その中に、老舗な大企業や、教育分野の方々も混ざっているのは新鮮に感じました。tech系カンファレンスだとあんまり見かけない気がするので(スミマセン

そして、発表者の方々が、大抵「自分は変な奴なんで」的なニュアンスの自己紹介をしてくるあたりも狂気凄みを感じました。それくらいじゃないとこの世界を牽引できないんだろうなあ、などと勝手に納得してみたり。いつもとはまた違った刺激を受けました。

規模が大きくて運営が大変そうですが、快適に楽しむことができました。やはりこの歴史の長さが成せるワザなのかなと思います。OSPNの皆様、そして登壇者や出展者の皆様、ありがとうございました。また参加したいです。

巷で噂の、Amazonで一万円以下のプロジェクタ WONNIE vs313 Series を買ってみた

はじめに

せっかく買ってみたので書きます、あくまで個人の感想です。 (購入当日の記事です、アップデートするかも)

【私の基本スペック】

  • 画質へのこだわり:低(さすがにフルHDじゃないディスプレイは勘弁ですが)
  • 音質へのこだわり:低
  • 要は細かいことはあまり気にしない方ですワカチコワカチコ

そんな人の感想になります、ご留意ください。

購入経緯など

買い物は迷いに迷う私ですが、1万円以下ということで勢いで買えました。とはいえ買う前に色々調べてはみたんですが、ピンと来る情報が少なかったので、この記事が同じような方の一助となれば幸いでございます。

開封~投映まで

f:id:hijili2:20171123114740j:plain

外観です。

f:id:hijili2:20171123121026j:plain

開けます、普通な感じ。新しいものを開封すると気分がワクワク晴れ晴れしますよね。開封一過(1スベリ)

f:id:hijili2:20171123121311j:plain

ちょっと驚いたのですが、Amazon専用の保証カードが入っていました。完全にAmazon用製品なのか、後から入れたのか分かりませんが…保証は1年してくれるようです。説明書も含め、不安になる日本語はまあしょうがないところでしょうか。さらに会社のホームページみたところ、この製品全く出てないんですがそれは… まあ、このあたりが安さの秘訣ってことでしょうね。

f:id:hijili2:20171123123420j:plain

電源ケーブルHDMIケーブルを繋ぐだけで準備完了。サイズ感はこの通り、非常にコンパクトです。ちなみに、僕はコンタクトです。(きいてない2スベリ)

f:id:hijili2:20171123123148j:plain

おお、思ってたよりキレイ!

f:id:hijili2:20171123123331j:plain

と思ったんですが、このサイズを昼間の明るさで投映するとやはり薄くなりますね。1800ルーメンの比較対象が無いのでなんとも言えんのですが、まあ暗くしろって話ですね。

f:id:hijili2:20171123123619j:plain

寄った時。よく見るとお分かりかと思いますが、少しボコボコした白い壁に直接映してます。これでイケるんじゃないかなあと思い、スクリーンはまだ購入してません、個人的にはこのままでも良いかなあ。

f:id:hijili2:20171123123640j:plain

やはり暗くするべきですね。雨戸閉めてほぼ真っ暗状態にしています。
台形補正をしてると端の方が少しボケるようで、このレベルの小さい文字が端にあると少し見づらいかも。許容範囲だと思いますが。

youtu.be

あとは動画の方が分かりやすいと思いますので貼っておきます。音はデフォルト設定のまま、本体スピーカーから出しています。壁から2m30cmくらい離して80インチ強くらいの表示です。

暗くしすぎたので、音量よりも怨霊が気になりますかね?(ならねーよ3スベリ)

まとめ

  • ファンの音ははっきり言ってうるさい(動画の音量上げると聞こえると思います)
  • さすがに遅延は感じるが予想してたよりは小さい(と思う)
  • 本体スピーカーでも結構いける(音質こだわりがなければ)
  • リモコンの電波はあまり強くない、単4電池2本はついてない
  • 値段の割には十分満足!(結局、レビュー欄の感想と変わらん)

10万円近いプロジェクターを買うか悩みに悩んでましたが、その前段階として非常によい選択肢でした。アクションゲームなどはキツイかもしれませんが、RPGや映画鑑賞には十分です。ファンが煩い、明るい部屋だとキツイ、などもあるので人によっては気に入らない点もあるかと思いますが、とりあえず買ってみてもダメージは少ないと思いました。



何かご質問あればコメントでどうぞ。

余談

f:id:hijili2:20171123201126j:plain

下置きはやはり邪魔なので上から投映するようにしてみました。また、ファンの音が和らぐかと思いダンボールで囲ってみましたが、前面塞がないと、前面(全然)意味ないですね…(本当に意味のない4スベリ)
もうちょっとどうにかできないかトライしてみます…ダジャレも含めて…

f:id:hijili2:20171123192104j:plain

とりあえず、まだ観てなかった『STAND BY ME ドラえもん』を観て、一人号泣しましたとさ。

いや いい かいもの を したよ(ドラクエ4より)

8月のJuly Tech Festa 2017に今年も行ってきました

昨年も参加した、インフラエンジニアの夏の祭典、July Tech Festaに今年も参加してきました。参加といっても相変わらず聴講者ですが。多くの人が突っ込んでいましたが、今年は、Julyと言いつつ8月の開催でした。

7月じゃないなんて、Juuuly(従来)と違う!と思いました。(1スベリ)

今回のスローガンは「ITエンジニアリングの本質を極める!」ということで、発表者の皆様が考える本質を聞けて凄くよかったです(こなみ)。問題を正しく把握してそれに対する解を実現する、ってところは基本だと思うのですが、お互いをリスペクトする、人を理解する、自分がエンゲージメントする意識を持つ、その上で失敗を恐れず…というか失敗する前提を持ちながら思い切って取り組む、って感じでしょうか、自分なりに強引にまとめてみると。もちろん、それを実現できる技術をしっかり学ぶってところは大前提なわけですけど。

最近、仕事について色々と悩んでいることが多いのですが、似たような悩みを持っている人や、それを上手く乗り越えてる人たちの話は刺激になるなあと思う反面、やっぱ自分はダメだなあと思う面もあり、なかなかなかなか大変だけど、ポケモンGETだぜまた明日から頑張ろうと思えました(真剣味が感じられない)。

発表について

今回は聴きたい話が沢山あってだいぶ悩みました…
https://2017.techfesta.jp/timetables:title
昨年のように聴いたお話一個一個について書きたいのですが、他の資料なども読みたいのでテーマが掘り下げられそうだったら別記事で書かせていただければと思います(書かないパターン)。 スライドまとめをあげてくださっている方がいらっしゃいますので、興味のある方は是非覗いてみてはいかがでしょうか。でもやっぱりこういうポイントもあるからもっと聞きたかったなあ。

おわりに(短いな)

今回は会場である産業技術大学院大学の卒業者やスタッフの方とお話できて、いろんな人が集まって学ぶ環境の素晴らしさなどを聞くことができてちょっと興味出ました。学生再び、っていう選択肢もあるのかと(いや仕事はしながらだけど)。また、弁当全員分あるしお菓子たくさんあるし、VRブースがあってHoloLens体験できたり、普通に楽しかったです。正直、まったく関係ない人も娯楽目的で紛れ出すんじゃないかと心配になるレベルでした(それはそれでアリなのかもしれないけど)。スタッフや会場関係者、そしてスポンサーの皆様、本当にありがとうございました。

とりあえず、これだけは覚えておこうと思います。

builderscon tokyo 2017 で「知らなかった」を聞いてきました!

相も変わらず “カンファレンス聞きに行くだけでつよくなれそうな気がする” 感丸出しで builderscon tokyo に参加してきました。

buildersconは「知らなかった、を聞く」をテーマとした技術を愛する全てのギーク達のお祭りです。

ということで、僕はギークに含まれるか非常に怪しいですが、YAPCからの流れで絶対楽しい話が聞けると思い迷わず参加でした。今回は会社の夏休みをここにくっつけて前夜祭からしっかり参加させていただきまして、非常に充実した3日間になりました。スタッフの皆様、本当にありがとうございました。再三再四「ブログを書くまでがビルコン」と言われましたので、キッチリ書いていきたいと思います。


どうでもいいんですが、会場はtokyoでなくkanagawaじゃないか、なんて思ったりもしましたが、そこは世界的に見れば小さな話ですし、言わない約束ですよね、ハハッ!

知らなかったこと

f:id:hijili2:20170805214132p:plain

※画像は、しろ菜(巻かない白菜)を切り刻むひぐちくん(しろなカッター)です。深い意味はありません(1スベリ)


「しろなカッターで切る」「知らなかった、を聞く」がメインテーマなので、新たに知ったことを書き連ねてみようかなと思います。まあ、私はどのカンファレンスに行っても大抵が知らないことばかりなので「今更それを知ったの!!!?」と叱咤されそうで怖いですが。(2スベリ)


  • 配線の山には登れる
  • DDoS怖い(あらためて)
  • インフィニバンド
  • クラウド!(後述)
  • 国内ではまだHadoopある
  • ajitofm
  • Kubernetesの雰囲気
  • 横山三国志に「うむ」は458箇所ある
  • QRコードは16分割できる
  • JSON-LDとschema.org
  • Microsoft Azure(うそです、知ってました)
  • CSS Grid(正直Flexboxも…)
  • ポジショントラッキング概要
  • xR界隈の楽しい遊び場
  • Server Side Swift
  • 転職ドラフトの秘密のURL


ザクっとふりかえっただけでおも、多種多様だったなあと。このごった煮感がすごくいい。今回3日間ガッツリ参加できましたが、ずっと飽きないし、ずっと楽しかった。異なるテーマの話でも、少し関連するポイントがあったときに「ああ、あの話でも出てきたなあ」って感じで理解が深まる感覚が好きです。こういうことの繰り返しが新しいアイデアとか技術に繋がっていくんじゃないかなあ、なんて思いました。

クラウドクラウドクラウド

前述の通り、いろいろな話を聞いたのですが、全体を振り返るとクラウド関連の話は総じてためになりました。正直、未だにクラウド不勉強なもので… 自業務はオンプレのサービスで、クラウドできる部分は委託してたり、契約上あまり自由に使えないし…的なところもあり、クラウド「興味ないね」 状態だったわけで(いや、興味はあったけど)。そんな中、今回はほとんどの話にクラウド関連技術が散りばめられており(今やそれが当然なのだろうけど)、そこ自体にフォーカスした内容もあれば、単に手段として登場した内容もあり、多角的に把握できた気がします。軽く挙げるとこんな感じでしょうか(個人的解釈含む)。


  • AWSメインだけどGCPきておる、Azureはまだキツそう、的な肌感覚
  • AWS, GCPの各種サービスの具体的な使用例(名前だけ知ってて混乱気味だったのがかなり整理された)
  • dockerはクラウドを使いこなすための前提技術、k8sも使えるべき
  • 攻撃からの守りはクラウド先生に委ねたいところ
  • でもクラウドだって死ぬときあるから備えは重要


イマドキ当たり前の話なのかもしれませんが、ちゃんと知らなかったし、ちゃんと知ってる人達が知ってることを知れたからよし。もちろん、ちゃんと自分で咀嚼したいと思っております。


私的ベストトーク

いつもは聞かせて頂いた話の個別感想書くんですが、ドラクエ11やらないといけないので 上で総合的に書いたので、今回は私的なベストトーク賞だけ挙げさせていただきます。


横山光輝三国志に「うむ」は何コマある?〜マンガ全文検索システムの構築

横山光輝三国志 全文検索システム - Google スライド


やっぱこれです。マジで最近あったんです、「あのコマでクソコラ作りたいけど何巻だったか思い出せん… Google検索でも出てこない!」っていう出来事が。その時はサラりと諦めてしまったわけですが、これを技術で綺麗に解決するところが凄い。課題認識と問題に取り組む姿勢の違いを感じました。やっぱそう簡単にbuilderにはなれねーなーと。いやあ、見習いたい。

f:id:hijili2:20170805225706p:plain

いやあ、ホント便利。



でも、クソコラ捗り過ぎると私のtwitterフォロワーさんにとっては迷惑になるかもしれないけど…

おわりに

ということで、凄く沢山の学びがあり、そして凄く楽しい3日間になりました。本当に、主宰の牧さんを始め、スタッフの皆様に感謝感激雨嵐です。

LTでもありましたが、「人間は知らないことはググれない」はまさにそうなんですよね。だから今日の話を聞けたことで、今後の情報収集だったり、課題解決だったり、そういうことの効率が間違いなく上がってくると思えました。次回もまた参加したいと思います!

f:id:hijili2:20170805230737p:plain

このネームプレートも凄くよかったです!(どう入力したか忘れたけど本名全開だったのは若干恥ずかしかったですが…)